スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週、注目してたレース

フィリーズレビューのクイーンズリング、強かったですね。前走比マイナス20キロでの激走なので本番での体調が心配ではありますが、これで桜路線は2頭の無敗マンカフェ牝馬に、関東のステイゴールド牝馬2頭が挑戦する図式となりそうですね。桜に強いディープ牝馬の巻き返しもあるでしょうし、今から桜花賞が楽しみです。

さて、私にはフィリーズレビューの他にも注目していた3歳のレースがありました。
それは、、日曜中山6R3歳500万下芝のマイル戦。
なぜ注目してたかといえば、マイル戦線の生き残りをかけた、東京TCのレッドオルバースと、シルクのグランシルクとの事実上の一騎打ちがあったからです。単勝オッズは、レッドオルバースが2.4倍の1番人気、対してグランシルクが2.8倍の2番人気でした。

☆レッドオルバース
父ダイワメジャー
母アグネスラズベリ(父エアジハード)
国枝厩舎 募集価格4,000万円

org_kinkyo_redolbers_65.jpg

レッドオルバースは、私の記憶が確かならば最後まで売れ残っていた馬です。母はスプリント重賞勝ち馬で良血ですが、高額と短距離血統が嫌われたのか人気がありませんでした。私は、ガチムチに見せるダメジャー産駒は好きなタイプで、13年産も1頭出資していますが、レッドオルバースは「高くて手が出ないや」と思うくらいで、出資検討すらしていませんでした。

☆グランシルク
父ステイゴールド
母ルシルク(母父Dynaformer)
戸田厩舎 募集価格4,000万円

d_02380064.jpg

一方、グランシルクはTOP5に入る人気馬で、すぐに満口になっていました。(当時私はまだシルクの会員ではありませんでした)注目理由は、13年産で半妹のクーデラパン(父ダイワメジャー)が同じくシルク募集馬で、こちらに行くかジスターキ(出資済)に行くか最後まで迷っていたのと、前走の未勝利戦で出資馬のジャストフォーユーが軽くあしらわれており、「この馬は使う度によくなってるし、ペースの早いマイル路線も合っていそうだな」と感じたからです。

勝負の結果は、グランシルクの完勝で、レッドオルバースは3着でした。
グランシルクは次はニュージーランドトロフィーでしょう。今日の結果なら、上の条件でも充分やれそうです。レッドオルバースは番組選びが難しくなりましたね。

東京TCの12年産の成績はここまでやや低調で、現3歳馬にオープン馬がいませんので、個人的にはオルバースに勝って欲しいとおもっていただけに、今日は残念な結果でした。私はレッドリーガルのみ出資ですが、東京TCメインで出資されている方はやきもきしているでしょうね。そんな私も13年産は東京TCが主力なので、出資馬には満足しているのですが、シルクが正解だったのかも・・・と不安になるときもあります。そろそろ上の条件で活躍馬が出て欲しいな。

※情報については、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております。













東京TC 2013産募集馬 馬名発表

東京TCで、2013産募集馬の馬名発表がありました。
私の出資馬の名前は・・・

☆フラワーパークの13
 
競走馬名:レッドミモザ
英  名:Red Mimosa
意味由来:花の名前 花言葉は「真実の愛」「神秘」

競馬ファンには「ミモザ賞」のレース名で聞き慣れた花名ですね。これは非常に覚えやすい。私も、母からの連想かつ東京TCに気を使って赤い花の名前で応募しましたが、そんな配慮は無意味で落選(泣)女の子の名前にしては少々いかつい名前だったかもで、仕方無し・・・

☆ヘヴンリーソングの13

競走馬名:レッドラウダ
英  名:Red Lauda
意味由来:歌い継がれてきた讃美歌(伊語) 母名より連想

こちらも覚えやすいし、由来も良いですね。よくみなさん思いつきますね。私は、母名無視の響きだけ良い名前で応募しましたが、これは断然ラウダで納得です。

☆ハートスプリンクルの13

競走馬名:レッドカムラッド
英  名:Red Comrade
意味由来:無敗で第1回凱旋門賞馬に輝いた名馬の名より

私には馴染みのない単語なので、こちらはちょっと覚えづらいかも。凱旋門賞馬の名前が意味として表記されていましたが、「Comrade」の単語を辞書で調べてみると、苦労を共にしてくれるような親しい仲間や戦友、同士の意味で、おもったより良い内容だったので嬉しくなりました。こちらのほうが由来としてはいいんでないの?と感じました。将来は「レッカム」という愛称で呼ばれるような活躍馬になることを妄想しています。

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております。





出資検討雑記

先週末は実家に帰省しており、出資検討のことは極力考えないようにしていましたが、その間に各クラブでいくつか動きがありましたので、軽く纏めてみたいとおもいます。なお、下らない内容が含まれますので、不快な方は最後まで読まないでください。

なお、私の追加出資条件は以下の通りで考えています。
①シルク募集馬から1口
②安馬(募集価格1500万円以下)から1口
③自由枠で1口
※牡馬は470キロ、牝馬は450キロ以上馬体重があること


まず条件①のシルク募集馬ですが、ほぼほぼ積極的様子見馬は2頭に絞りました。気になっているカリの13は一旦候補から外しています。1走もできずに終わるかもしれない繋ぎのリスクの覚悟は今はできないので。気になる馬は2頭とも満口警報が点灯しておらず、まだまだ様子見ができそうなので、私には嬉しい誤算ですが、油断せずにじっくり様子見していきます。

次に②安馬ですが、東京TC募集の積極的様子見馬フレンチノワールの13に満口間近の警報が出てしまいました。こっちは完全なる誤算です。競合はじっくり様子見可能なノルマンディー募集馬なので、早く売れるようなら、残念ですが見送り濃厚です。
そのノルマンディーですが、
・3次募集馬2頭の情報小出し
・既存募集馬の調教動画公開
・フサイチリニモの13満口
と、検討への影響が大きいお知らせがありました。フサイチリニモの13については、近況コメントが毎度良いので様子見の1頭ではありましたが、マツリダゴッホ産駒から別の種馬に変わったときが狙い目だろう思いのほうが強く、見送りました。積極的様子見馬はほぼほぼ3頭に絞りました。3頭とも残り200口は切っています。動画はお昼に見ましたが、牡馬陣の坂路動画は相変わらず見づらいですね。。。

まあ、こんなところですね。
え?東京TCの気になる馬の記事は見たから知ってるけど、シルクとノルマンディーの気になる馬を早く言えよって?












B_LoWLMU4AAoDvA.jpg



シルクの~♪ 様子見馬を~♪ 早く言いたい~♪
ノルマンディーの♪ 様子見馬も~♪ 早く言いたい~♪

次回へ続く

東サラ残口馬で気になる馬 その2

ダラバンカの13に時間をかけ過ぎましたので、残り3頭一挙に紹介します。

☆リアリーハッピーの13
牝 栗東・友道厩舎
父キングカメハメハ
母の父Avenue of Flags
募集価格 2,800万円(1口70,000円)
在厩先:ノーザンファーム早来 436キロ
<1月更新写真>
org_kinkyo_ReallyHappy13_6.jpg

<2月更新写真>
org_kinkyo_ReallyHappy13_8.jpg

馬体の良化に目を惹かれました。トモや胸前に筋肉がついて逞しくなってますね。坂路15-16と早いところまで進んでおり、無事なら早期デビューもいけそう。

☆フサイチミニヨンの13
牡 美浦・大竹厩舎
父ジャングルポケット
母の父サンデーサイレンス
募集価格 2,400万円(1口60,000円)
在厩先:ノーザンファーム空港 437キロ
<2月更新写真>
org_kinkyo_FusaichiMignon13_8.jpg

毛艶良いですねえ。スラっとした体型というか、細いかな。少し立繋ぎっぽいかなあ。

☆フレンチノワールの13
牝 美浦・久保田厩舎
父ワークフォース
母の父フレンチデピュティ
募集価格 1,400万円(1口35,000円)
在厩先:社台ファーム 464キロ
<2月更新写真>
org_kinkyo_FrenchNoir13_8.jpg

東サラでの安馬候補はこの馬。HP近況には「この子に関しては走る馬との感触を抱いています」とのコメントが。

以上、ダラバンカの13を含めて出資候補は4頭ですが、「明日、満口になるとした場合に出資する馬はいますか?」という質問には、「全て見します」というのが回答になります。

この時期、牡馬は470キロ以上、牝馬は450キロ以上の馬体重があることを出資の基本条件にしています。フレンチノワールの13以外はこの条件を満たしていませんので、今後の成長次第で本格的に検討することになります。フレンチノワール13は安馬候補として真面目に検討していますが、ノルマンディーの3次募集馬と残口馬の近況を見ながら、もう少し時間をかけて決断したいと考えています。

最後に各馬の短評を。

☆ダラバンカの13
キンカメ牡馬としてはリーズナブルな募集価格。馬体には瑕疵が無いようにみえるし、軽い芝もこなせそう。厩舎はかなりの不安。
☆リアリーハッピーの13
2月の更新写真は、残口馬で1番良く見えた。募集価格は高い。母高齢だし、お値段以上いけるか・・・・・
☆フサイチミニヨンの13
ジャンポケ×SSのニックス配合。母高齢。ジャンポケ産駒なら来年のほうが当たり?無理に行かなくてもという気持ちも
☆フレンチノワールの13
ダートで潰しがききそうだし、堅実に走ってくれそう。父は海外新種牡馬のワークフォース。同じく海外新種牡馬父ベーカバドで牝馬のテンザンローズの13に出資済。母父もデピュティだし、似たような配合にあえていかなくても・・・

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております。






東サラ残口馬で気になる馬 その1

今日はまだまだ行きまっせ~

相馬眼が無い私ではありますが、2月の近況コメと写真をじっくりと確認?し、東サラの残口ありで気になる馬をピックアップしました。

☆ダラバンカの13  
牡 美浦・尾関厩舎
父キングカメハメハ
母の父In the Wings
募集価格 2,800万円(1口70,000円)
在厩先:ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、屋内ダートにて速歩800m、ハッキング1600m~2400m。週2回坂路(18-17)。
フェアリーバラード13同様に順調にメニューを消化しています。まだ動きにワンペースなところはありますが、坂路の併走では集中してしっかり走れますし、この馬も良い成長を見せています。やはりこの馬の良さは、どこに連れて行っても穏やかで物怖じしないメンタルの強さ。兄(ハードロッカー)は少し肝っ玉の小さいところがあって、結局去勢もしましたが、それと比べたら性格は全く異なりますね。動きもどちらかといえばこちらの方が素軽い。芝ダートの適性に関してはもう少し進めてからになると思いますが、芝でもやれそうな雰囲気はありますよ。成長の余力は十分なので、じっくり育てていきたいですね。

org_kinkyo_Darabanka13_8.jpg

1発ホームラン狙いで、ハートスプリンクルの13(出資済)と共に検討していました。3代母のダララは自身がG1馬で、母としてもダーレミ、リワイルディングを輩出した名牝。ダーレミもリワイルディングも3歳から走っていましたが、古馬になって本格化したので、この母系は晩生に出やすいのかと。そのダラバンカは1勝馬。これまでデビューした産駒は4頭で、3頭が未勝利に終わっています。藤澤厩舎にいた全兄レッドレギオンも未勝利で引退。ダラバンカの半姉も1頭輸入され繁殖牝馬となっていますが、産駒未勝利。そんなことも相まって、キンカメ産駒の牡馬にしてはリーズナブルな募集価格です。キンカメの14年産は、キンカメの体調不良による種付中止の影響で産駒が少なく、出資できるチャンスは低いので、いくなら今年という気持ち。

牧場の評価は、
・気性が良い(大人しい、素直、何事にも物怖じしないメンタル)
・同時期の全兄より感触は上、素軽いので芝でもやれそう

全兄のレギオンは決め手不足で勝ちあがれませんでしたが、2着2回、3着2回あり、1つでも勝っていれば、晩生の血も手伝って、古馬になってからも渋く活躍できていたと妄想していますので、全兄より現段階で評価が上の本馬には、そこそこ期待できるんじゃないかと考えています。

東サラのキンカメ牡募集馬は全て満口になっているのに、何故本馬だけ警告も出ずに売れ残っているのか不思議に感じていましたが、最近になってわかりました。おそらく、厩舎が最大の問題ですね(笑)尾関厩舎はクラブ馬の成績があまり宜しくないんですね。1口ブロガーさんの尾関厩舎への好感コメントも、私はまだ見たことがありませんし。。。

総論
キンカメ牡馬は大変魅力も、全兄未勝利、キンカメとは重そうな母父サドラー系、全兄:社台生産→本馬:非社台生産、全兄:藤澤→本馬:尾関と悪い条件?が多数あり簡単には手を出しづらい。
そんなことで、すぐに売れ切れそうにないので、まだ様子見できそうかな?厩舎の事も考慮してじっくり考えよう。。。

その2へ続く

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。