スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルマンディー3次募集馬について簡単に考察してみた

三次募集馬キャンペーンの内容が残念だったので、キャンペーン期間中に出資申込することはしませんが、様子見馬として候補になり得るか考察してみます。正直、他のブロガーさんの評価次第でガラリと変わる可能性がありますが(笑)

☆アンダルシアの13
牡 美浦・岩戸厩舎
父カネヒキリ
母の父アルカセット
募集価格 1,320万円(1口33,000円)
2013017.jpg

セールで約500万円で購入した馬のようですね。760万円か960万円コースと考えていたので、かなり盛ってきた印象です。自信があるのかな?半姉が2勝馬で、フィリーズレビュー出走予定ですね。ここがセールスポイントか。カネヒキリ産駒は出走自体まだ少ないのですが、きっとダート中距離専門になるんでしょうね。厩舎はちょっと、、、という気持ち。惹かれるところは無いかな。

☆オークルームの13
牡 美浦・大竹厩舎
父マツリダゴッホ
母の父ペンタイア
募集価格 1,080万円(1口27,000円)
2013018.jpg

マツリダゴッホ産駒にしては、やや安目の値段設定ですね。3歳の半姉は入着2回で勝ち上がりが期待できそう。大竹厩舎は良いですね。マツリダ産駒は、活躍馬のアルマワイオリとウインマーレライの母系が共通で持っている「Danzig」の血が入った馬を是非とも狙ってみたいし、第一印象で惹かれるところは無いかな。

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。