スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東サラ残口馬で気になる馬 その2

ダラバンカの13に時間をかけ過ぎましたので、残り3頭一挙に紹介します。

☆リアリーハッピーの13
牝 栗東・友道厩舎
父キングカメハメハ
母の父Avenue of Flags
募集価格 2,800万円(1口70,000円)
在厩先:ノーザンファーム早来 436キロ
<1月更新写真>
org_kinkyo_ReallyHappy13_6.jpg

<2月更新写真>
org_kinkyo_ReallyHappy13_8.jpg

馬体の良化に目を惹かれました。トモや胸前に筋肉がついて逞しくなってますね。坂路15-16と早いところまで進んでおり、無事なら早期デビューもいけそう。

☆フサイチミニヨンの13
牡 美浦・大竹厩舎
父ジャングルポケット
母の父サンデーサイレンス
募集価格 2,400万円(1口60,000円)
在厩先:ノーザンファーム空港 437キロ
<2月更新写真>
org_kinkyo_FusaichiMignon13_8.jpg

毛艶良いですねえ。スラっとした体型というか、細いかな。少し立繋ぎっぽいかなあ。

☆フレンチノワールの13
牝 美浦・久保田厩舎
父ワークフォース
母の父フレンチデピュティ
募集価格 1,400万円(1口35,000円)
在厩先:社台ファーム 464キロ
<2月更新写真>
org_kinkyo_FrenchNoir13_8.jpg

東サラでの安馬候補はこの馬。HP近況には「この子に関しては走る馬との感触を抱いています」とのコメントが。

以上、ダラバンカの13を含めて出資候補は4頭ですが、「明日、満口になるとした場合に出資する馬はいますか?」という質問には、「全て見します」というのが回答になります。

この時期、牡馬は470キロ以上、牝馬は450キロ以上の馬体重があることを出資の基本条件にしています。フレンチノワールの13以外はこの条件を満たしていませんので、今後の成長次第で本格的に検討することになります。フレンチノワール13は安馬候補として真面目に検討していますが、ノルマンディーの3次募集馬と残口馬の近況を見ながら、もう少し時間をかけて決断したいと考えています。

最後に各馬の短評を。

☆ダラバンカの13
キンカメ牡馬としてはリーズナブルな募集価格。馬体には瑕疵が無いようにみえるし、軽い芝もこなせそう。厩舎はかなりの不安。
☆リアリーハッピーの13
2月の更新写真は、残口馬で1番良く見えた。募集価格は高い。母高齢だし、お値段以上いけるか・・・・・
☆フサイチミニヨンの13
ジャンポケ×SSのニックス配合。母高齢。ジャンポケ産駒なら来年のほうが当たり?無理に行かなくてもという気持ちも
☆フレンチノワールの13
ダートで潰しがききそうだし、堅実に走ってくれそう。父は海外新種牡馬のワークフォース。同じく海外新種牡馬父ベーカバドで牝馬のテンザンローズの13に出資済。母父もデピュティだし、似たような配合にあえていかなくても・・・

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております。






コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。