スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東サラ残口馬で気になる馬 その1

今日はまだまだ行きまっせ~

相馬眼が無い私ではありますが、2月の近況コメと写真をじっくりと確認?し、東サラの残口ありで気になる馬をピックアップしました。

☆ダラバンカの13  
牡 美浦・尾関厩舎
父キングカメハメハ
母の父In the Wings
募集価格 2,800万円(1口70,000円)
在厩先:ファンタストクラブ
マシン運動30分、常歩2400m、屋内ダートにて速歩800m、ハッキング1600m~2400m。週2回坂路(18-17)。
フェアリーバラード13同様に順調にメニューを消化しています。まだ動きにワンペースなところはありますが、坂路の併走では集中してしっかり走れますし、この馬も良い成長を見せています。やはりこの馬の良さは、どこに連れて行っても穏やかで物怖じしないメンタルの強さ。兄(ハードロッカー)は少し肝っ玉の小さいところがあって、結局去勢もしましたが、それと比べたら性格は全く異なりますね。動きもどちらかといえばこちらの方が素軽い。芝ダートの適性に関してはもう少し進めてからになると思いますが、芝でもやれそうな雰囲気はありますよ。成長の余力は十分なので、じっくり育てていきたいですね。

org_kinkyo_Darabanka13_8.jpg

1発ホームラン狙いで、ハートスプリンクルの13(出資済)と共に検討していました。3代母のダララは自身がG1馬で、母としてもダーレミ、リワイルディングを輩出した名牝。ダーレミもリワイルディングも3歳から走っていましたが、古馬になって本格化したので、この母系は晩生に出やすいのかと。そのダラバンカは1勝馬。これまでデビューした産駒は4頭で、3頭が未勝利に終わっています。藤澤厩舎にいた全兄レッドレギオンも未勝利で引退。ダラバンカの半姉も1頭輸入され繁殖牝馬となっていますが、産駒未勝利。そんなことも相まって、キンカメ産駒の牡馬にしてはリーズナブルな募集価格です。キンカメの14年産は、キンカメの体調不良による種付中止の影響で産駒が少なく、出資できるチャンスは低いので、いくなら今年という気持ち。

牧場の評価は、
・気性が良い(大人しい、素直、何事にも物怖じしないメンタル)
・同時期の全兄より感触は上、素軽いので芝でもやれそう

全兄のレギオンは決め手不足で勝ちあがれませんでしたが、2着2回、3着2回あり、1つでも勝っていれば、晩生の血も手伝って、古馬になってからも渋く活躍できていたと妄想していますので、全兄より現段階で評価が上の本馬には、そこそこ期待できるんじゃないかと考えています。

東サラのキンカメ牡募集馬は全て満口になっているのに、何故本馬だけ警告も出ずに売れ残っているのか不思議に感じていましたが、最近になってわかりました。おそらく、厩舎が最大の問題ですね(笑)尾関厩舎はクラブ馬の成績があまり宜しくないんですね。1口ブロガーさんの尾関厩舎への好感コメントも、私はまだ見たことがありませんし。。。

総論
キンカメ牡馬は大変魅力も、全兄未勝利、キンカメとは重そうな母父サドラー系、全兄:社台生産→本馬:非社台生産、全兄:藤澤→本馬:尾関と悪い条件?が多数あり簡単には手を出しづらい。
そんなことで、すぐに売れ切れそうにないので、まだ様子見できそうかな?厩舎の事も考慮してじっくり考えよう。。。

その2へ続く

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。