スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの東京競馬場

フェブラリーS観戦のため、午後から東京競馬場に行ってきました。

9RのヒヤシンスSには、シルク募集馬が2頭出走していたので、パドックで確認してきました。
DSC_0008.jpg
☆プレシャスルージュ 
(父キングカメハメハ) 牡4,000万円 音無

DSC_0003.jpg
☆ワンダフルラスター
(父Tiz Wonderful) 牡3,000万円 音無

2頭とも残念な結果でしたね。人気もそこそこだったので応援馬券を買いましたが、駄目でした。。

DSC_0009.jpg

勝馬のゴールデンバローズ(父Tapit )。北米No.1種牡馬のタピット産駒ですか。この馬強いですね。春は芝路線に戻すのかな?今年の堀厩舎の牡馬は豊作ですね。ウィズレヴェランスもその一翼を担うはずったのになぁ。。。

DSC_0015.jpg

東京最終の金蹄S(D2100m)にもシルクのヴォルケンクランツが出走していましたが、こちらも残念な結果(9着)に。

今日のシルク応援馬券は不発でしたが、小倉大賞典とフェブラリーSの馬券は的中したため、プラスでの帰路となりました。今開催の東京では出資馬の出走がなく若干の寂しさがありましたので、春開催ではバリバリ走る姿を見たいものです。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。