スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年産募集馬の今後の出資戦略

2013年産には、現在5頭に出資済みです。

<シルク>
シーズライクリオの13
<東サラ>
フラワーパークの13
ヘヴンリーソングの13
ハートスプリンクルの13
<ノルマンディー>
テンザンローズの13

まずは、以下の条件で4頭に出資しました。
・母or兄姉に活躍馬がいる(重賞勝ち、獲得賞金0.5億円以上クラスが2頭以上など)
・産駒の勝ち上がり率が中央で50%以上
この条件で手頃な価格の馬を探すと、どうしても母高齢馬が多くなってしまいましたので、一発ホームラン狙いで、G1馬を多数輩出しているステイゴールド産駒の牡馬で、母年齢も若いハートスプリンクルの13に先日5頭目の出資をしました。

私のような安賃金のヒラサラリーマンは身の丈を考え、このぐらいの頭数で止めておけばいいのですが、頭の中は追加出資する気満々です(笑)2013年産は、2012年産の昨年と同様に8頭への出資を想定しています。そこで、残りの3枠をどのように使うか、おおよその方針を決めました。

1.シルク募集の馬
2.募集価格1500万円以下の安馬
3.自由枠

1.については、シルクの500口募集をメイン場にしていきたい気持ちは変わっていないため、わずかながらも実績を積むということもありますが、最低1頭はシルクから選びたいと考えています。

2.については、昨年はシルクでのチチカス産駒決算セールや、ノルマンディーのキャンペーンから4頭の安馬に出資しています。今年は安馬への出資は0なこともあるし、この価格帯から良い馬を見つけることが、この趣味を続けていくうえで重要なポイントだとおもっていますので、最低1頭は安馬を選びたいと考えています。シルクには残念ながら今のところ候補がいません。東サラにも1頭候補はおりますが、ここはノルマンディーメインになるとおもいます。

3.は曖昧な表現で申し訳なのですが、今後の追加募集や東サラの再募集、ハートスプリンクル13出資の際のホームラン狙いで落とした他候補をじっくり様子見して選びたいと考えています。安馬かもしれないし、シルク馬かもしれない。

狙っている馬は、シルクでも東サラでも次に警告が出るんじゃないかとおもっているので、そんなにじっくり考える時間はないのかもしれません。私が気になっている馬の発表は・・・次回以降の記事で
(おそらく続く)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。