スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は本当に、あのジャストフォーユーなのか?


と疑いたくなるような、ここ2走の優等生ぶり。
勝ったわけではありませんが、昇級1発目で上々の結果になるとはおもわず、連戦での嬉しいサプライズ発生。この激変はどうして起こったのだろう・・・?
教えてください、田辺騎手。

ジャストフォーユー(♂4歳1000万下)
6/18東京10R相模湖特別 [芝1400m]
馬体重:480kg(+4kg)
6番人気 結果:3着

田辺騎手「2着の馬は抜かせると思ったんですけど…。ペースが遅くて、道中は一旦下げて外に出すロスがありました。前につけられましたし、直線でも渋太く粘れて昇級緒戦を考えれば良い内容のレースだったと思いますよ。精神面が成長して、馬の後ろで我慢することも覚えてきているし、返し馬で少しフラフラする程度であとはだいぶ落ち着きを見せています。大人になってきたんでしょうね





大人の階段の~ぼる~♫

そう。彼は私たちが気付かぬ間に、大人の一歩を踏み出していたのです。本格化ってやつかもしれません。いや、今が成長期。まだまだ彼は伸びますよ。大逃げが代名詞だった頃の面影が消えつつあるのは少し寂しいですが、安定して力を発揮してくれるほうが出資者にとっても喜びになりますしね。
本日のレースも馬場や展開が向いたのは確かですが、夢の記録だった後3F33秒台をついに計時することができましたし、このクラスで充分やっていけそうな感触をつかむことができたかと思います。1頭、規定違反と思われるオープン馬が紛れ込んでいたための3着なので、実質2着みたいなものですよ。賞金も2着の600万円を頂きたいくらいですが、無理ですかね(笑)。

これまでは福島、小倉の小回りローカルが主戦場でしたが、どちらも1400m~1600mの距離条件が設定されていないので、今後は東京or新潟の1400mか、中山の1600mで戦うことになるのかな。権利を取ってしまったので、中2週で中京の知多特別(1400m)という選択肢もありますけど、無理せずに8月の新潟開催を目標にできればいいなあ。お盆時期で渋滞しそうですが、8/14豊栄特別(1400m)なら当日関屋記念があるので田辺騎手も乗ってくれそうですしね。

ジャストフォーユーでこのような楽しいレース回顧が連続で出来るだなんて、ノルマンディストのはしくれとして生きてきてよかった(笑)

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

コメント

非公開コメント

No title

五右衛門さん
ジャスト覚醒しましたね。反則級の降級馬相手に昇級初戦で3着とは素晴らしい。
牧場では無理をさせずに成長を促し、大きくなってからの開花に備える。外厩でも無理はさせず、基本厩舎で馬を育てる。使っていくうちに馬を成長させ強くさせていく…。これがノルマンディズムであり、見事にジャストはそれを体現しているということなんでしょうか。
ノルマンディーの面白さはクラシックには無縁ですが古馬になってから馬が成長してくれて、息長く活躍してくれる所ですね。ジャストもこれから楽しませてくれそうで羨ましいです!

Re: No title

picotさん
勝ったわけでもないのに、浮かれしまいました。申し訳ございません。
このまま尻すぼみの成績も覚悟していましたので、最近の活躍に目を細めるばかりです(←ノルマンディー2歳馬の近況によくみられるコメント引用)。
それにしても、今期はノルマンディーの成績が大きく飛躍しましたね。引っ張っているのは紛れもなく4歳世代です。今日もディスティンダリアが500万下を勝って再昇級しました。1頭当たり賞金は、同世代のシルクを抜いていますから大したものです(シルクが駄目なのもありますが…)。
picotさんは、12年産ノルマンディーは出資を見送りされておりましたが、少し勿体なかったかもしれませんね。まあ、今となっていえることで、1年前は大失敗だとおもってましたけどね(笑)

No title

ジャスト素晴らしいですね!
本格化?いいですね!
そして主戦騎手が決まったのも大きいですね。さすが逃げ馬に乗せたらピカイチの田辺騎手。前で折り合わらせる術も心得ていますね。

ノルマンティズムが見事にハマった例ですよね!良血馬(ゴルディオン)の場合は、精神的に甘いので、成長を促すのを待っているとふてくされますから…

この勢いで弟(アソングフォーユーの方)も勝ち上がって欲しいのですが…。エビちゃんに文句はなく弟にとって最高の騎手なのですが、一度田辺騎手に乗ってもらいたい…

Re: No title

アキュチャーさん
ありがとうございます。これまで減量騎手が入れ代わり立ち代わり騎乗しては、暴走や凡走を繰り返していたのですが(丹内騎手でも暴走していましたが…)、これからは田辺騎手優先でジャストのスケジュールを組んでもらいたいくらい相性抜群です。きっと弟のアソングフォーユーとも相性は良いはずなので、乗り替わり優勝でエビちゃん悔しがるの絵柄が見たいですね(笑)。

ノルマンディーはダービー後からが本当の勝負ですので、ゴルディオンもここからが本領発揮でしょう。いつまでも未勝利では困りますから、次はスカッとしたレースを期待しましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。