スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルク出資馬1歳近況


いよいよ冬本番だな…さすがにストーブ設置しないと手がかじかんで記事が書けないです(笑)。今日はシルクの1歳出資馬近況です。

ゴールドティアラの14 牝
募集価格:2,000万円(1口40,000円) 美浦:菊沢隆厩舎
父:ダイワメジャー 母の父:Seeking the Gold
馬体重:464kg(募集時)→437kg(11月)→460kg
ゴールドティアラの14_201511
在厩場所:ノーザンファーム空港
調教:角馬場・周回コース・屋内坂路コースで軽めの調整
担当者「リフレッシュ期間を挟んで再び乗り出し、角馬場で一通り体の動きを教えながら、周回コースや坂路でも馴らし程度に乗っています。以前のような反抗的な面は収まってきたものの、乗り出してからも気の強い面は見せていますが、そのエネルギーを走る方に向けられている感じですので、競馬に行って勝負根性と言う形で力を発揮してくれるのではないかと思います。調教を進めてもしっかり食べれていますし、脚元や体調面も不安はありませんので、順調にペースアップしていけそうですし、早い時期からデビューできそうですよ」


マストビーラヴドの14 牝
募集価格:1,200万円(1口24,000円) 栗東:牧田厩舎
父:ファルブラヴ 母の父:サンデーサイレンス
馬体重:472kg(募集時)→516kg(11月更新)→480㎏
マストビーラヴドの14_201511
在厩場所:ノーザンファーム空港
調教:週3回屋内坂路コースでハロン18~20秒のキャンター2本、残りの日はロンギ場で軽めの運動かウォーキングマシン
担当者「11月上旬から坂路調教を始めていますが、普段からとても大人しく、人の指示に対して素直でコミュニケーションが取りやすいので、順調に進められています。調教中も余計なことはしませんし、淡々とメニューをこなす姿は古馬のような貫録さえ感じますね。背中の感じが柔らかく、センスの良い身のこなしを見せており、坂路での動きも上々です。遅生まれで馬体はまだ子供っぽいですが、トモや肩周りの筋肉の付き方が素晴らしく、今後の成長がとても楽しみです。年内は17~18秒ぐらいのペースでしっかり乗り込み、基礎体力を強化していく予定です」

両馬とも、馬体重が募集時のそれに戻ってきたのは安心材料です。どちらも順調に進められているようですが、調整過程、写真、コメントどれをとっても、マストビーラヴドの14のほうが現時点では良さそう。満口馬と警報すら出てない馬なので当然かもしれませんけどね(笑)。マストビー14は私の中で期待がだんだんと上がってきましたね~案外やってくれそうな雰囲気があります。それにしても、ゴールドティアラの14はさっぱり売れませんね~。最終的には満口になるでしょうけど、小生、既に大きな不安を抱えております(笑)

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。