スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京TC】募集価格2000万台は避けるべきだが・・


東京TCって、募集価格が2000万円台の馬に大物が出ておらず、しかもアベレージも低いんですよね。
まずは論より証拠ということで、直近5年(現3歳~7歳)のデータをご覧ください。
数字は左から、平均獲得賞金(万円)、募集額回収率、募集額回収馬率、勝ち上がり率 重賞馬率(いずれも%)で、賞金は出走手当等全てを含めたものです。

募集価格 
1000万未満 2,912 303 40 40 0
1000万台  1,940 124 32 46 4.0
2000万台  1,911 84 32 53 0
3000万台  3,999 119 34 56 3.1
4000万台  4,016 94 111 56 11.1
5000万以上 5,786 97 50 75 25

勝ち上がり率を除き、2000万台が全てにおいて最低の数値となっています。
1000万未満募集馬は分母が少なく、私が入会した3歳世代からは1頭も募集してないので一旦無視すると、まずは獲得賞金がおかしなことになっています。一般的に募集価格が上昇するに連れて、獲得賞金も増えていくはずですが、2000万台は1000万台に負けています。1000万台の数値が良いのでなく、2000万台が極端に悪いのがわかります。勝ち上がり率は悪くないものの、重賞勝ち馬もこの価格帯からは出ておらず、上のクラスでの活躍馬が少ないことも見て取れます。

このデータを素直に受け取れば、東京TCでの2000万台募集馬には手を出すべきではない、というのが私の結論になります。
その一方、私の出資馬はこれまで全て2000万台です。そう、これが言いたくてここまで書いてきました(笑)。2歳勢ではレッドカムラッド(2,400万)はデータの壁にぶつかりそうですが(悲)、代わりにレッドラウダ(2,000万)が打ち破ってくれそうです。次走は再び芝の重賞へ挑戦するプランが出ていますので、ドカンと平均値を上がる活躍を妄想しております。

なお、2015世代にはデータ的に信頼度が高い3000万台募集馬は何故か1頭もいないので、1000万台の残り馬から良い馬を見つけたいとおもいます。予算もそんなに残っていませんしね・・

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


コメント

非公開コメント

No title

五右衛門さん、こんばんは。
2000万円台って、そこそこ良血のわりに価格的に手が出し易いというか、一口5万円以下でリスクを背負いやすいのでいってしまいますよね(苦笑)
リンクの件、ありがとうございました。さっそく貼らせていただきましたので、今後ともよろしくお願いいたします^^

Re: No title

ぶらんくんのパパさん

兄弟にG1馬がいるけど、母は重賞馬だけど割安。などなど、この価格帯には何かワケありの募集馬が多いのかもしれませんね。
相互リンクさせて頂きました。こちらこそ宜しくお願い致します!(^^)!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。