スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年産出資を振り返る4 シルク低調の要因はアレ・・


シルクが最初の出資とあって、出資理由がなかなか酷い・・
          シルク 五右衛門
平均総獲得賞金  1,278円 1,039万円
勝ち上がり率    43%  100%
募集額回収馬率   18%  25%
勝率        10.7% 33.3%
掲示板率      41% 40%

ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12) ☆☆☆☆☆
ペルセヴェランテ20150705
5戦2勝 掲示板率67% 2012年産シルク:12位/60
<出資理由>
・現役時代のダイヤモンドビコーが好きだった(ロマン枠)
・小口の新参者には、このような良血&評判馬に今後出資のチャンスは無いかも?との思い(現状は憂いた通りに)
・馬体はノーチェック
<戦績>
募集前の骨折で調整遅れが心配されるも、無事に秋の東京でデビュー。楽勝した未勝利戦後は、クラシック路線乗れるかもと幻想を抱きました。キンカメ産駒らしく、芝もダートも両方走れますが、行きたがる気性が災いしてか、好走と凡走の落差が激しく、結局は春の東京開催で平場の500万下条件を勝ったに留まりました。
<総括>
2勝したとはいえ、募集価格が6,000万円(1口12万円)と私の出資馬では超破格の高額馬なだけに、成績についてはやや不満です。でも、この馬が残っていなければ一口馬主を始めていなかったかもしれない特別な存在で、成功や失敗であまり語りたくないところです。

ラダームブランシェ(アーデルハイトの12)  ☆
ラダームブランシェ20150509
2戦1勝 掲示板率50% 2012年産シルク:37位/60
<出資理由>
失敗種牡馬の烙印を押されたチチカステナンゴ産駒で、3世代目の産駒はたたき売り状態でした。しかし、2世代目のチチカス産駒の勝ち上がりが目立つようになり、「世間が言うほど失敗でもないし、牝馬の質に対し総じて募集価格が安いし狙い目では?」と考え直し出資しました。そして、芦毛の牝馬の可愛さにやられる(笑)。そして馬体の色以外はノーチェック。
<戦績>
入厩は早かったのですが、調教で全く動けずガッカリ。で、天栄での骨折で北海道に戻って更にガッカリ。3歳5月のダートデビュー戦は気持ちが向かずに周回しただけ。2戦目の芝替わりでどのくらい格好つけられるかとおもいきや、12番人気でガラリ一変の大激走で勝ち上がってくれました。しかし、脚が弱く再度の骨折で現在は療養中。
<総括>
一瞬来るかとおもったチチカステナンゴ産駒、結局は巻き返すことできてませんね。世間の見立てどおり失敗種牡馬でした。無理して輸入種牡馬には手を出さないほうがいいとおもいました。ハービンジャーには手を出していません。何故かベーカバドに手を出しましたが・・。そして、芦毛の牝馬が可愛いという出資理由も相当酷いですね。馬体チェックを始めるようになってからというもの、芦毛はわかりづらく、どうしても避けてしまいます。もっと勉強せねば・・

プルーヴダモール(プルーフオブラヴの12) ☆☆☆
プルーヴダモール新馬戦優勝2014
6戦1勝 掲示板率17% 2012年産シルク:21位/60
<出資理由>
ラダームブランシェと同じ・・
<戦績>
仕上がり早く、夏の小倉芝デビューで快勝!2歳重賞への挑戦も夢見ましたが、何故かしがらき意外の場所では嫌気がさす精神状況に陥り、5戦連続2桁順位と長いスランプ状態へ・・
<総括>
安かったとはいえ、同世代のチチカス牝馬2頭への出資はやり過ぎでした。。でも初戦で勝ってくれましたし、その点においては成功だったとおもいますよ。ただ、牝馬は難しいですね・・

ウィズレヴェランス(グロリフィカムスの12) ☆☆☆☆☆
ウィズレヴェランス20150405
1戦1勝 掲示板率100% 2012年産シルク:33位/60
<出資理由>
・2歳のマイル路線で早期活躍できる関東馬はおらんかな?とカタログ見て発見。
・魅惑の外国産馬。血統は全くわからないが、ヘンリーザナビゲーターならいいんだろうと。
・馬体はノーチェックですが、黒鹿毛でかっこいいなとはおもいました(笑)
・堀厩舎だから良い馬入れるんだろうという邪推期待
<戦績>
早期デビューの目論見は大きく外れましたが、年明けの中山芝マイルのデビュー戦を快勝。NHKマイル出走が頭をよぎりましたが、調整先の天栄でまさかの・・全治1年の大怪我のため、北海道で療養中です。
<総括>
この馬は何も悪くない。悪いのは・・

出資した4頭全てが勝ち上がり、その点においては何の不満もありません。というか出来すぎです。それでも成績が伸びなかった要因は・・ノーザンファーム天栄に間違いない!この世代、天栄を外厩で使用している美浦所属馬は3頭いて、その3頭とも天栄で骨折しました。1頭は全治1年の大怪我、1頭は骨折に気づかずしばらく放置、そしてもう1頭は・・・言いのも嫌です。私には全くと言っていいくらい恩恵がありません。私と天栄とはどうやら相性が悪いようなので、今後天栄を外厩で使うとおもわれる募集馬への出資は、よーく考えて世代1頭にくらいに留めておきたい気持ちです。2015世代は既に2頭出資済みで手遅れですが・・

以上、4回にわたり2012産出資馬を振り返ってきましたが、平均に負けた要因は
1.馬体をほとんどチェックしていなかった・・70%
2.天栄(怒)・・30%
天栄さんには、マジで馬を壊さないでと懇願です。。
馬体チェックについては、2013年産は特に様子見馬についてはじっくりと観察してきましたし、成績は間違いなく向上するはずです。節穴でなければ・・

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。