スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルク2015 募集馬検討ぽいもの(4) シルキーラグーンの14


『そろそろ母の最高傑作誕生の予感がします』

このキャッチコピー、同じくシルクで募集されたお兄さんたち(ザイディックメア、ゼーヴィント)に出資した会員はどう感じているのか・・まあ、もう過ぎた事ですし、そう思えば今年も出資、そうじゃないなら見送りするだけの問題か。

特集馬の最後はこちら。
シルキーラグーンの14 牝
2014006立ち
美浦 武市厩舎
父:ハーツクライ
母の父:ブライアンズタイム
募集価格:1,800万円(1口36,000円)
体高:150.0cm 胸囲:171.0cm 管囲:19.0cm 馬体重:429kg

推しは、「ノーザンファームに移動した繁殖牝馬の体質は年々良化していきます。それに従い産駒の成績が確実に上がる傾向が極めて強く存在します。」⇒そろそろ母の最高傑作誕生の予感がします
確かに牧場の設備や環境が良くなって改善されている可能性はありますが、じゃあそこまで産駒成績が飛躍的に改善されているかといえば、そうは見えませんし、そもそも提携前は種牡馬の選定が悪かっただけのような気が・・と懐疑的な意見でした。ごめんなさい。
厩舎は今年好調で、年間20勝は軽くクリアできそう。シルク馬グランドサッシュ(父ハーツクライ)でも結果を出していますし、案外良さそうです。立ち姿は、陽当り不良のせいか、それほど見栄えしないなあと感じていましたが、よく見るとバランスが取れており、募集されているハーツクライ産駒の中で1番好みかも。動画の動きもいいね、です。ただ、母父ブライアンズタイムは合わないと私はおもっていますし、管囲も足りないですね。

【結論】1次では申し込まないかな。美浦所属のハーツクライ牝馬というくくりで、既に東京TC2015募集馬に出資していることもあり、限られた予算の中で敢えていくことはないのかなと。5月生まれですし、成長を見守りたい1頭ですね。

募集馬特集に挙げられた4頭を見てきましたが、私の出資したい候補の序列は、
1.ジェシカの14
2.シルキーラグーンの14
3.チャイナドールの14
4.バプティスタの14
という結果になりました。ジェシカの14については、ファルブラヴ産駒が他にも4頭募集されておりますので、その中で比較検証を行っていきたいとおもいます。

・・・ということで、私も1口馬主ブロガーの端くれとして、募集馬検討ぽいものをしてみました。全頭は無理なので、これで許してください。昨年度の募集馬と比較しても、今年はこの価格帯でもいいなあとおもえる馬が多いような気がします。

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。