スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルマンディー 2014年産募集馬所見


まだ動画を見れていませんが(見たところで何もわかりません)、パラパラとカタログをめくっての所見を。
40口募集馬は当然の如くスルー、地方の100口馬についても、イマイチ地方競馬の制度が把握できておらず、スルーです。

まずは一番良く映った馬から。今回の最高募集価格でもあるキョウエイトルースの14です。まあ、無難な選択ですね(苦笑)


キョウエイトルースの14_2014006

キョウエイトルースの12_2012101

上の写真がキョウエイトルースの14、下の写真がルールソヴァール(キョウエイトルースの12)の募集時です。どちらが好みか?と聞かれたら、今ならお兄さんのほうを選んじゃうかな~?でも弟も遜色ないなかなか良い馬体だとおもいます。全体的にもうワンサイズ大きければ言うこと無しでしたけど。。
先行で出資しても良いとおもえたのは本馬だけ。シルクのドラフトに全力を傾けるつもりも、公式FBで先行公開すると宣言した?特典のオリジナルグッズの内容次第では出資に傾くかもしれません(笑)
残りは様子見馬に認定ですが、そのなかではタマヒカルの14に注目しました。ショウナンカンプ産駒ですが、栗山&望田監修の種牡馬辞典によれば、父ショウナンカンプは思い切ったクロスが成功する種牡馬で、本馬はサクラハゴロモ=アンバーシャダイの3×3という強いクロスを持っています。募集価格も1口26,000円とお手頃のところですし、様子見馬のなかでも注視していきたいとおもいます。
ゴッホ産駒は今年も出資のチャンスは無いのかな。。でも、ノルマンディーは2次、3次と追加募集があり、そちらに気に入った馬が眠っている可能性もあります。様子見できるクラブなので、長いスパンで検討していきたいとおもいます。

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。