スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年募集馬の出資戦略(まとめ)


「私の置かれた環境に大きな変化」
が気になって眠れなかったであろう方々を無視し(←自分が思うほど、他人はあなたのことを気にしていなんだよ五右衛門君)、2015年度募集馬の出資戦略のまとめたいとおもいます。

2015年度の出資戦略まとめ
<資金の戦略>
・自分の持ち出しは20万円まで
・出資資金は、持ち出しの20万円+現役出資馬からのリターンで決定
・ランニングコストは、FXスワップ金利から捻出することにより、実質負担0円

⇒資金については戦略を実行に移すわけですが、ゆくゆくは月1万円くらいで楽しめる趣味にしたいな~という願望があります。来季以降の持ち出し分は削って、12万円以内に抑えられればなあと考えています。いずれにせよ、拡大路線は取らないとおもいます。

<クラブの戦略>
・メインはシルク、サブはノルマンディー、東京TC(変更なし)

⇒拡大路線にはいきませんので、入会クラブも最大で現状の3つに抑えたいとおもいます。一時期はキャロットも考えたのですが、じっくり様子見したい私には間違いなく向いていないクラブですし諦めました・・。

<所有馬の数>
・年間10頭(10口)まで
・2歳(10頭)→3歳(7頭)→4歳(5頭)→5歳(3頭)→6歳(1頭)→7歳(1頭)→8歳(0頭)で27頭所有

⇒「毎週出資馬が走ってくれるのが理想だよな~」と、ここまで2世代計17頭への出資を行ってきました。現役馬が1世代目だけのときは、1ヶ月出走馬がいなくて寂しい時期もありましたが、2世代目が新馬デビューしてからは、満たされる出走数を得られており、「27頭という所有馬は逆に多すぎるので、年間10頭出資というのは見直したほうが良いのでは?」と最近感じるようになりました。それに頭数が増えすぎると、次の問題も出てきますしね・・
・零細1口馬主の肩書を使えない問題
・ブログ記事内容薄い問題
私は日頃「零細1口馬主」を名乗っており、この響きが大変気に入っている変態さんでありますが、世代で10頭出資できるなら、流石に「零細」という言葉は使っちゃいけないですもんね。ブログについては既に起こり始めている、「多頭数による手抜き記事」。忙しくなると、レース結果やHPの近況をコピペするのが精一杯になってしまいそう。でも、そんなブログは読んでもつまらないですし、私自身もそうはなりたくない。

募集馬カタログや、みなさんの購買意欲を見ると欲しくなっちゃうとはおもうのですが、そこは自分をコントロールして、6頭~8頭くらいの出資に留められればなあーとおもいます。意志が弱いので自信はないけど・・・


キャロット、シルク、東京TCがメインの方々は、いよいよドラフトの開幕ですね。優先指名馬の駆け引きや、欲しい病との闘いがまた始まりますが、ご自身の戦略を駆使して頂き、ご希望される馬への出資が叶うことを心からお祈り致します。


たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。