スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何も書く事なくて・・・

今日は(も)ダメ記事です。
本来、今日はシルク追加募集の記事をアップするつもりで、原稿はほぼ書き終え、あとは素材(画像ファイル)待ちという状況だったのですが、公式HPのUpdateが無く、お蔵入りです・・・

今日はお休みを利用し、先週発売の『優駿』5月号や、『日経マネー』などのマネー誌数冊を、本屋さんで立読みさせて頂きました(謝)。本当は自宅でゆっくり読みたいのですが、お金が無く怖くて買えません・・・貧乏ではありませんが、流動資金(キャッシュ)がホントに無いのです。GW前に株を売却して現金を作らねば・・・で、唯一購入できたのが、『POG虎の巻』(350円)。いくつか『大物オーナー』へのインタビュー記事が準備されているのですが、一口クラブでは、東京TCの特集記事が組まれており、山本英俊オーナーと、プロゴルファーで、元ラ・ムーの菊池桃子さんの元夫、西川哲代表と、馬三郎の弥永氏とのスペシャル対談が2ページにわたり掲載されています。クラブの冠名がついた活躍牝馬の産駒や、山本氏所有牝馬の産駒の話が中心で、私の出資馬では、フラワーパークの13(レッドミモザ)が少し触れられたくらいでした。なお。弥永氏が写真を見て目に付いた馬は、フサイチミニヨンの13(レッドバルトーク)だそうです。

最後に、各募集馬へのクラブ関係者の1言コメントと、デビュー目安が記載されていたので、私の出資馬&残口馬で気になる馬&残口馬その他をドドーンと紹介します。若干古そうな取材情報だけど。

レッドエルディスト(ショウダウンの13)
馬体に癖がないし、走りもいい。素直な気性も好印象。(秋)
レッドラスター(ダラバンカの13)
小柄でスマートだが、しなやかで力強い動きをする(夏)
レッドシルヴィ(ダンスーズデトワールの13)
熱発で休ませたのが功を奏し、ボリューム豊かな馬体(夏~秋)

レッドカムラッド(ハートスプリンクルの13)
超がつくほど順調で、入厩も間近。馬体は迫力がある(夏)
レッドバルトーク(フサイチミニヨンの13)
細身だが理想的な体型をしており、動きもとても軽快(夏~秋)
レッドミモザ(フラワーパークの13)
メリハリがあって、当初から非常に成長を感じる一頭(秋)

レッドラウダ(ヘヴンリーソングの13)
520㌔の馬体で、動きには迫力がある。調教も順調(夏~秋)
レッドジュディス(マンドゥラの13)
トモが小さめでまだ弱い面があるが、弾力のある馬体(秋)

レッドアマビリス(リアリーハッピーの13)
順調に調教を消化しており、使いだしも早くなりそう(夏)

レッドリュンヌ(リーチフォーザムーンの13)
週2回の坂路調教をこなし、3ヶ月で30㌔増と成長(秋)

レッドイリス(レインボーフェローの13)
上同様に小柄で薄めの馬体。気性は翌真面目な馬(秋以降)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。