スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【引退】ジスターキ


chibi-silk-earnest.jpgジスターキ(♀3歳未勝利)

田村調教師「3,4コーナーで手応えが怪しくなると、そこから気持ちが切れてしまったようにバッタリと止まってしまいました。勝ち馬よりも良い位置にいながらあそこまで下がってしまうのですから、厳しいと言わざるを得ません。調教の動きを見る限り、もう少し走っても良いと思うのですが、気持ちの問題だと思います。今回は滞在競馬で切っ掛けを掴んでくれるかと思い、函館に連れていきましたが、競馬の内容に変化はありませんでした。このような血統馬を預けていただいて、私自身も楽しみにしていたのですが、もう手の打ちようがないというのが正直なところです。期待されていた方々には本当に申し訳ない気持ちです」

これまでのレース内容を考慮して協議した結果、今後短期間に状態面や成績の向上を見込むのは難しいとの結論に至り、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。29日に登録抹消の手続きを取り、提供牧場から30日のサラブレッドオークションに上場される予定です。なお、規約に基づいて提供牧場に募集価格の10%で買戻され、この買戻し額が引退精算時に分配金の対象となります。サラブレッドオークションにおいて、この買戻し額を上回る金額で落札される場合もございますので予めご承知おきください。


今年に復帰してからは4連戦続2桁着順、それもブービー×2回に、ビリターキ2回とトホホの戦績。まあ覚悟はしていたので、引退が発表されてもそんなに大きなショックは無かったのですが、全く浮上のきっかけがつかめないまま終戦を迎えてしまったのが本当に残念です。
昨年秋のデビューからは6、7着とそこまで悲観する結果では無かったのですが、脚がモヤモヤしてなかなか復帰できずにいた時代に何かあったのでしょうか、レースでは他馬に抜かれると完全に気力をなくしてしまい、追い込み・ダート替わり・連闘と試してみたものの、何の効果もなく、最後は田村先生が白旗を挙げて終了です。ジスターキ自身がもう駄目だったとはおもいますが、陣営側ももっと他にやれる試みはあったんじゃないかと思います。距離条件の思い切った変更や馬具とかです...最後のアイデアが「滞在競馬で変わるかも」というイマイチ納得できない内容でしたからね~。
私自身、この馬にはとても期待してたんです。この世代で出資した馬の中では2番手~3番手の評価でした。気持ちがおかしくなっちゃうと、立て直すは本当に難しい、良い教訓となりました。気性の良し悪しは見た目ではわかりづらいとおもいますが、ステゴ牝馬は私にとって難しすぎたんだ、で納得してみようとおもいます。

なお、ステゴの牡馬でも同じ結果が出そうなのが怖い。来月にははっきりしそうです...


ジスターキ(Destaque)
意味:優雅で華麗な衣装を纏うダンサー(サンバ用語)より
父:ステイゴールド 
母:シーズライクリオ(母父:Boundary)
通算成績:6戦0勝

ジスターキ20150505
(田村厩舎は、もういいかな♫)

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。