スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京TC 2016新規1歳募集馬ラインナップ発表


また今年も出遅れ記事だ...だって昨年よりも20日くらい早いし、予告なくいきなりの発表だったし...顧客満足をそんなに気にしないマターリ系1口クラブの東京TC公式HPで、2016年度の新規1歳募集予定馬のラインナップが発表されていました。会員でなくても公式HPで誰でも内容ご確認できます。リンクは貼りませんが自由にご閲覧ください(笑)

東京TC2016スタート

募集馬数32頭の内訳、まずは性別ですが、牡馬は15頭、牝馬は17頭となかなかのバランス。種牡馬別では大きな勝負に出ました。驚くのがディープインパクト産駒を9頭も募集することですね。社台メインのバイヤー系クラブから、山本オーナー所有牝馬中心の品揃えへ本格的に移行中で、東サラとしても失敗は許されず、気合いが入っているのではないでしょうか。昨年より全体の字面の印象は良く見えます。最優先使うとほぼ好きな馬に出資できるクラブですし、シルクとノルマンディーに先行して募集されますので、今年も貴重な最優先枠を行使するため、1次から参戦する予定です。

昨年は血統的に気になる馬を3頭ピックアップしましたが、結局その3頭には出資せず、考えただけ時間ロスだったので、今年はやりません(笑)。オルフェーヴル産駒かな、気になるのは。近年の競走馬では1番好きだった馬ですし、どうしてもその産駒に1頭は出資したいとおもっていますので、出来と価格が良い塩梅であることを願い詳細を待ちたいとおもいます。

...でも2014年産の追加出資もまだ諦めていませんよ。最後の1秒まで粘ります(笑)

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。