スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は本当に、あのジャストフォーユーなのか?


と疑いたくなるような、ここ2走の優等生ぶり。
勝ったわけではありませんが、昇級1発目で上々の結果になるとはおもわず、連戦での嬉しいサプライズ発生。この激変はどうして起こったのだろう・・・?
教えてください、田辺騎手。

ジャストフォーユー(♂4歳1000万下)
6/18東京10R相模湖特別 [芝1400m]
馬体重:480kg(+4kg)
6番人気 結果:3着

田辺騎手「2着の馬は抜かせると思ったんですけど…。ペースが遅くて、道中は一旦下げて外に出すロスがありました。前につけられましたし、直線でも渋太く粘れて昇級緒戦を考えれば良い内容のレースだったと思いますよ。精神面が成長して、馬の後ろで我慢することも覚えてきているし、返し馬で少しフラフラする程度であとはだいぶ落ち着きを見せています。大人になってきたんでしょうね





大人の階段の~ぼる~♫

そう。彼は私たちが気付かぬ間に、大人の一歩を踏み出していたのです。本格化ってやつかもしれません。いや、今が成長期。まだまだ彼は伸びますよ。大逃げが代名詞だった頃の面影が消えつつあるのは少し寂しいですが、安定して力を発揮してくれるほうが出資者にとっても喜びになりますしね。
本日のレースも馬場や展開が向いたのは確かですが、夢の記録だった後3F33秒台をついに計時することができましたし、このクラスで充分やっていけそうな感触をつかむことができたかと思います。1頭、規定違反と思われるオープン馬が紛れ込んでいたための3着なので、実質2着みたいなものですよ。賞金も2着の600万円を頂きたいくらいですが、無理ですかね(笑)。

これまでは福島、小倉の小回りローカルが主戦場でしたが、どちらも1400m~1600mの距離条件が設定されていないので、今後は東京or新潟の1400mか、中山の1600mで戦うことになるのかな。権利を取ってしまったので、中2週で中京の知多特別(1400m)という選択肢もありますけど、無理せずに8月の新潟開催を目標にできればいいなあ。お盆時期で渋滞しそうですが、8/14豊栄特別(1400m)なら当日関屋記念があるので田辺騎手も乗ってくれそうですしね。

ジャストフォーユーでこのような楽しいレース回顧が連続で出来るだなんて、ノルマンディストのはしくれとして生きてきてよかった(笑)

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。