スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館開催です!


今週から、函館開催が始まります。
本日、震度6弱を観測した地震の発生には大変驚いたものの、幸いにも大きな被害はなく一安心です(私も生きてますよ)。今後、大きな余震が起こらず、競馬も通常どおり開催されることを願うばかりですね。

さて、函館開催を生でマジマジと観戦するのは、私がまだ学生だっととき(199X)以来となりそうです。昔見ていた函館競馬から大きな変更点は次の3つかな。

1つ目は2010年に行った全面改装。函館は明治~大正時代の歴史ある建築物が多くありますが、かつての函館競馬場も歴史的なロマンある施設でした...というのは真っ赤なウソで、かなり時代遅れの古臭い雰囲気の施設でした。いかにも昭和な。改修後は驚くほど綺麗になっています。

2つ目は開催の時期、というか順序。以前の北海道シリーズは、オープニングが札幌、次は函館という順番でした。今は逆です。おかげで、8月のお盆時期に函館に帰省すると、かつて見れた函館開催が終わってるという事態に陥りました。帰省してまで競馬やるなよって話も聞こえてきそうですが...入れ替わった真の理由は勉強不足で私は知らないのですが、たぶんハイシーズンで儲けの多い8月は札幌で開催したほうがいい…そんな理由じゃないかと思います。まあ、今となっては現状のプログラムのほうがしっくりきますけどね(笑)。

3つ目は開催日数。以前は16日開催でしたが、1/4削減の12日開催に(札幌も12日)。小倉、福島の20日と比較しても寂しいですね。JRA全体の売り上げの事を考えれば、中央開催を増やすというやり方もわかるのですが、開催期間中、競馬関係者が地方で落としてくれるお金、経済効果はバカにはできないのです。国は地方の活性化と景気の良い事を言いながら、実際は地方の切り捨てという矛盾した行動をしていることがわからないのでしょうか?

なんだか最後はただの愚痴になりましたが、今年は函館競馬開設120周年というメモリヤルイヤー。現存するJRA競馬場で最も歴史ある競馬場との事。例年以上に盛り上がってくれればいいなあと思います。
できれば、3頭現地滞在している出資馬の優勝も見ないな…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。