スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

く、国枝センセ⁉ その2


chibi-silk-justice.jpgウォリアーズクロスですが...

(前走レース後)
石川騎手「前回1200m戦を使ったことで慣れが出て対応することは出来ましたが、本質的には1400mくらいが一番いいような印象です」
国枝名伯楽「一息入れて状態を見ながら、次走を検討したいと思います。未勝利、500万クラスならともかく、その上を見据えた時に、今回のような競馬で押し切れるほど甘くはないと思っています」



(先週の近況)
名伯楽「天栄スタッフと相談し、函館遠征することになりました。11日(土)に函館に入れて、2週目のD1,000mに向かうつもりです
次走予定:6月25日の函館・D1,000m

国枝栄20160325s-s-
「この条件をこなしてこそ上を目指せるちゅうもんやで!」

まるで、前走騎乗の石川騎手のコメントがなかったかのように、ダート1000mをチョイスしてくるとは思いつきませんでした。流石は名伯楽、脱毛です。いや、脱帽です。
私の地元である函館競馬場でレースを使ってくれるのは素直に嬉しいのですよ。しかしながら、
「函館ってコース形態から、合いそうなレース条件って少ないのにどうするんだろ?普通ならダート1700mだな。小回りコースだしこの距離もこなせるはず。前走1200を使って先行できたことがきっと生かされるはず。もしや、芝1200mを使ってくれるのかな?芝も試して欲しいとおもっていたので、それも楽しみだな~」
という私の妄想を一気にかき消す名伯楽の非常な采配に、私は声を失いかけました。快速スプリンターじゃないはずなのですが、どうも名伯楽の見立てとはだいぶ違うようです。

ということで、名伯楽所属予定の募集馬への出資は凍結します(笑)

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。