スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生初参加のPOG大会結果は... の続き

前回の記事の続きです。
指名馬は16頭で、ルールは『マタさんの馬色日記』でご確認を。昨年も同じルールでやってましたので。
ざっくり、
①自分の出資馬5頭(本家募集の馬は除く)
②一般枠10頭
③日高生産馬応援枠1頭
の計16頭。①は、自分の出資馬を応援したくなければ(笑)、入会済クラブの非出資馬でもOKです。自分の出資馬に自信は無いので、出資馬で全ての枠を埋めることなく、私も非出資馬から選んじゃいましたけどね(笑)。
②は、同一種牡馬は牡牝1頭づつの縛りあり。全部キンカメで埋めちゃえ‼ってのは駄目で、指名できるのは牡1頭、牝1頭までってことです。
③は非社台なら九州産でもOKです。外国馬は駄目かな?日高生産馬ってきちんと説明してくださっているのに、そんな根性の曲がったというか、的外れな質問する輩は私以外いないと思いますが、念のため。
で、私の指名した馬がこちらです。POG大会で27位

経験豊富なベテランさんから見れば、「は~なにこれ?」と突っ込みどころ満載だと思いますが、まずは私の言い訳に付き合ってください。

まず、出資馬枠(No.1~No.5)から大きく躓いていますね。出資馬からは自信のあった3頭、レッドカムラッド、レッドラウダ、ジスターキの3頭を厳選し、真剣に出資を考えた非出資馬の2頭をチョイス。結果はレッドラウダ以外、未勝利とやってしまいました...出資馬はラウダ以外、他に何を選んでも最大で2000万円の差しか生まないため、全体成績にはほとんど影響がないのですが、自信があるといってノーポイントの馬を指名しているという相馬の無さ加減が相当ショックでしたね...

一般枠(No.6~No.15)はテーマを持って臨みました。
①反サンデーR、反キャロット(指名はアドヴェントスのみ)
②新興馬主、河合純二氏(ジュン)のブレイクを先取り
①の狙いは、当然ながら大敗北ですね。②は、先取りしすぎましたね。ほぼ無風でした。やっぱり、セガ○ミーさんや○ーセンさんのように、長年に渡って多額の寄付をしてこないと報われないのかな(笑)。

誰とも指名馬が被らないマニアックなところを何頭か狙ったつもりでしたが、実際には1本釣りは1頭だけと中途半端な狙いとなっていましたね。今年も懲りず、さらに大胆に攻めようと思いますよ。反サンデー&キャロット、ジュンを先取り継続で。でも、日高生産馬応援枠はディープ産駒を使おうかな(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。