スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジスターキ、まさかのビリターキに


田村先生...

chibi-silk-earnest.jpgジスターキ(♀3歳未勝利) 
4/16福島4R3歳未勝利(牝)[芝1,800m]
馬体重:472kg(+18kg)
6番人気 結果:16着(ビリ)
津村騎手「返し馬でもそうでしたが、今日は常に気の悪いところを見せていました。スタートが良かったので逃げましたが、物見をして集中していませんでしたね。もっと走る方に気が向かないと厳しいですし、距離も詰めた方が良いでしょう」と話していました

何の収穫もない、無駄なレースとなってしまいました。
敗因というかビリターキになってしまった要因は、まだ出走できる態勢では無かったことに尽きるとおもいます。調教タイムや帰厩後の過程を見て、私のような素人でも「まだまだかな…」そう感じていたのですが、桜花賞で断トツ1番人気に支持されるような馬を管理するトレーナーが「今週の一追いで整いました」と自信を持って言うので、だったらと私も信じたのですが...非常に残念です。
昨日のレースはあくまで一叩き、続戦するならまだ救われますが、まだ本調子無いとか言って天栄にすぐ返すようなことがあれば、もう田村先生を庇いきれません。いや、庇ったことは一度もありませんが...とにかくジスターキちゃんが可愛そうです。

chibi-melissa.jpgブランデーグラス(♂3歳500万下)
4/16(土)中山6R3歳500万下[芝1600m]
馬体重:478kg(±0kg)
9番人気 結果:9着
柴田大騎手「スタートでやや遅れてしまい、中団から競馬を運ぶ形に。道中は少しハミを噛むところがありましたが、折り合い自体はついていたので距離はこなせる範囲だと思います。ただ、今日は久々が影響したのか追い出してからの反応が鈍かったですね。跨った感じからはダートもやれそうな感触ですよ」
chibi-melissa.jpgオルレアンローズ(♀3歳500万下)
4/16(土)中山6R3歳500万下[芝1600m]
馬体重472kg(-2kg)
5番人気 結果:2着
大野騎手「久々を一回叩いて状態は今回の方が良かったですね。陣営とは戦前、控える競馬も試してみようと話していたのですが、スタートが抜群に良くてテンからのダッシュも速かった。三角手前ではペースを落として後ろを引きつけられましたし、勝ち馬が迫ってきてからも懸命に抵抗してあと一息だったのですが…。距離はもう1ハロンくらい短い方がより良いように思えます」

ノルマンディー同期対決で、勝手に1人で盛り上がっていたレースは、オルレアンローズが惜しい2着!社台RHの断トツ1番人気を3着に抑えての惜敗だけに、「余計な事をしてくれたミエノドリーマーを管理している調教師は誰だ‼」とおもい調べたところ...
さすが名伯楽1

国枝名伯楽でした(笑)。流石です。(笑)

オルレアンローズは本当にスタートが上手く、競りかけられずに先手を奪えているのが好走の要因の一つですね。今回はスローペースに落とせましたし、直線の最後の粘りも素晴らしかった。先輩の逃げ馬ジャストフォーユーにも少しは見習って欲しいですよ...ただし、逃げ一辺倒だと同型との兼ね合いなど出てきますからね。ジャスト先輩と対戦する可能性もありますし。チャンスがあれば、次は控える競馬を試して欲しいなあと思います。
ブランデーグラスは、伸びそうで伸びず、というレース内容でした。半年ぶりの実戦で、1着とは0.7秒差と大きくは離されていませんから、着順はともかくとして、競馬内容は上々かとおもいます。ただ、デビュー2戦良かったスタートが、ここ3戦は出遅れ気味なんですよね。今回は休み明けの影響もあるかとはおもいますが、斬れる脚は恐らく持って持っていませんし、こと短距離においてスタートの飛び出しは重要ですし、ここは早いうちに矯正して頂き、先行力に磨きをかけて欲しいかなあと思います。

ノルマンディーvs社台RHvs牧調教師の2頭出し対決は、最先着を果たしたノルマンディーの勝利ということにしましょう。
社台RHは今期大不調ですし、いつかはノルマンディーが社台RHを追い抜く時代がやってくるかもしれませんね。という貧乏人の妄想で締めたいとおもいます(笑)

※情報については、シルクホースクラブ、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。