スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピュアウィッシーズはチャンスと思ったのですが...


<今週の結果>

ジャストフォーユー(♂4歳500万下)
4/23(土)福島8R500万下[芝1200m]
馬体重:476kg(+6kg)
5番人気 結果:7着

ピュアウィッシーズ(♀3歳未勝利)
4/24(日)京都3R3歳未勝利[芝1,200m]
馬体重:420kg(-10kg)
2番人気 結果:8着
福永騎手「ゲート裏でも落ち着いていましたし、スタートも五分に出てくれたので、いい位置で競馬をすることが出来ました。勝負処の反応も悪くなかったですし、普通なら勝ちパターンの展開なのに、追い出してサッパリでしたね。脚が上がってバテた訳でもないですし、最後まで一生懸命走ってはいたので、もう少し時計の掛かる馬場の方が良いのかもしれません。時計の掛かる馬場なら芝でもいいのでしょうが、甘さをカバーするならダートを試すのも手かもしれませんね。除外で体が減っていたこともありますし、その影響もあったかもしれません

松永幹調教師「勝負処までスムーズな競馬が出来ていた割には、追い出してからが案外でしたね。除外続きでここまで延びた分もあるとは思いますが、乗り役の話を聞いても、最後まで頑張っていたと言っていましたから、時計の速い馬場はもう一つなのかもしれません。次走はダート戦も視野に入れて検討したいと思いますが、体が減っていたこともありますので、一旦放牧に出してリフレッシュさせようと思います」

プルーヴダモール(♀4歳500万下)
4/24(日)福島4R障害未勝利[2,770m]
馬体重:430kg(+6kg)
6番人気 結果:9着
森騎手「障害飛越に関しては全く問題なく、途中までは良い感じだったのですが、向正面に入る辺りから、息がゼーゼーいい出して、徐々にポジションを下げてしまいました。そこから押して付いていったら、最後は障害を越せなくなるんじゃないかと思うほど余力がなかったですね。今回は馬体重を気にして、久々にしてはあまり攻め切れなかったようですが、その影響が出たのかもしれません。障害戦を走り切るには、もう少し本数を重ねた方が良いでしょう

西園調教師「今回は積極的な競馬をしてもらいましたが、その分終いが甘くなってしまいましたね。福島まで輸送しても何とかプラス体重で出走させられましたし、その点は上手く調整することが出来たと思いますが、追い切りの動きが少し重く感じていたので、もう少し攻めることが出来ればもっと粘れていたかも知れませんね。権利が取れればこのまま厩舎で調整するつもりでしたが、取ることが出来なかったので、一旦節を空ける為に短期で放牧に出そうと思います。トレセンに戻って状態を確認してから放牧のタイミングを検討します」

戦前の調整時計等から、3頭共に状態が今一つで厳しいかなぁという感じはしていました。なので結果はこんなものかと思います。でも相手レベルも高くなかったし、未勝利戦やローカル500万下なら誤魔化してもう少しやれるのかと思っていましたが、世の中そんなに甘くはなかったですね...

ジャストフォーユーは、評価が難しい1戦です。予想通りこの距離では逃げることはできずに道中3番手を追走。最後の直線は大きくタレることは無かったのですが、かといって特に良い脚を使うことはできず、最後はなんとかゴールになだれ込むようにして7着という結果でした。体調が良ければもっとやれるのかもしれませんが、この距離でもラスト3Fは1800m戦を使ったときと同様、35秒台の上がりタイムですし、走法を見てもスプリント戦に向いた感触は無かったので、本質的にはもう少し距離があったほうが良いと思います(騎乗した騎手も似たコメント公式で出しています)。私は3戦目の未勝利戦で走った中山マイル戦がこの馬のベストパフォーマンスだと思っていますので、もう一度同じ条件を試して欲しいなあ。秋まで待たないと同じ条件ないけど...

ピュアウィッシーズは好発決めて良い位置につけ、4コーナー向いたところでは良い手応えで「もらった!」と思いましたが、そこから全く伸びませんでした。マイナス10kgの馬体減少の影響があったのかもしれませんが、勝ち負けを期待しながら掲示板すら乗れない結果には残念です。次走ですが、また2ヶ月節を明ける必要があって、時計のかかる馬場を求めるなら函館コースなんか丁度良いと思うのですが、いかかでしょう?

プルーヴダモールは明らかに良化途上だったので、今日の結果だけでは何とも、と言ったところで、きちんと仕上げて次走に期待です。でもね...一時期のスランプを脱した今なら、平地レースに戻してみるのも一考かなって私は考えちゃうんですけど。

予想どおり、どんどんコメント内容が雑で薄くなった(笑)

※情報については、シルクホースクラブ、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております
スポンサーサイト

ピュアウィッシーズはチャンスありでしょ‼


chibi-silk-earnest.jpgピュアウィッシーズ(♀3歳未勝利)
4/24(日)京都3R3歳未勝利[芝1,200m]福永騎手

西園調教師「時計は要してしまいましたが、動き自体は悪くありませんでした。先週ハミ受けがもうひとつでしたが、今週の追い切りを見ている限り、特に問題なかったようなので競馬でも大丈夫だと思います。」
森騎手「飛越は全く心配ない馬ですし、昨日の障害練習では確認程度に行いました。障害練習を終えた後にCWコースで時計を出しましたが、馬場が重い時間帯だったこともあって終いは甘くなってしまいました。少し動きは重く感じましたが、もたれる所も特に気になりませんでしたし、このひと追いで素軽くなってくると思います。出来れば積極的な競馬をするつもりなので、出遅れない様に気を付けたいと思います」

chibi-silk-earnest.jpgプルーヴダモール(♀4歳500万下)
4/24(日)福島4R障害未勝利[2,770m]森騎手
松永幹調教師「ここ最近は角馬場中心でじっくり乗り込み、追い切りの時だけ坂路を取り入れていることもあって、それが良い方に出ていますね。飼い葉もしっかり食べて体がふっくらしているので、体調は良くなっていますよ。練習と違い、実戦に行くとゲートの出がもうひとつ速くないのでそのあたりは心配ですが、スピードは良い物を持っている馬だけに、上手くゲートを出てほしいところですね。」

ピュアウィッシーズは、出走馬レベルの落ちる福島の芝1200mへの出走を狙っていましたが、2週連続で除外を食らってしまうという誤算があり(*1)、今週も除外の可能性があったため、確実に出走できる京都の1200mに矛先を変えてきました。長距離輸送もなく、福永騎手も確保できたので結果オーライと考えたいと思います。京都開幕週で2枠4番という好枠を得ましたし、2戦とも良くなかったスタートを決めてくれれば、勝ち上がる大きなチャンスです。
なお同レースには、東京TC募集馬で、人気の高かったレッドボルテクス(父キンカメ)も出走します(*2)。人気を裏切るレースが続いているようですが、同クラブ馬も良い結果を出して欲しいので、ピュアウィッシーズの1つ下の着順で好走してくれればいいかな。

*1 せっかく権利を取っておきながら、休養させてこの結果は...良い仕事してよ~
*2 出資?眼中に無かったですよ。価格が高いから(1口90,000円)

プルーヴダモールは障害転向3戦目。慣れが見込めるのでそろそろ結果が欲しいところです。調子は復調途上みたいですが、出走メンバーのレベルはそんな高くなさそうなので、掲示板確保に向けば頑張って欲しいと思います(*3)。

*3 …と言いつつ、複勝圏内まで来てくれないかな…

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

ジャストフォーユー1,200m初挑戦


今週は土日あわせて3頭の出資馬が出走予定です。記事数を稼ぐために土日分けて投稿。

chibi-melissa.jpgジャストフォーユー(♂4歳500万下)
4/23(土)福島8R500万下[芝1200m]木幡巧騎手

調教:4/16美南W71.1-55.3-40.4-13.7[馬なり]
4/20美南W69.0-54.8-40.5-14.0[一杯]
栗田徹調教師「手応えよく直線まではきたものの、終いの伸び脚がいまひとつで最終追いでも併走馬に遅れを取ってしまいました。ハミに乗って推進してくる感じではなく、どこか力の抜けてしまうような走りで、自ら止めようとしているようにも映りますね。ただ、減量騎手起用で3kgの恩恵があるのは有利に働くはずですし、距離短縮に対応できるようなら力は十分足りるはずです。恵まれたスピードを活かして、短距離戦で新境地を見出してほしいと思っています」

4/12に外厩から帰ってきての10日競馬です。調教は一杯に追ってこの時計ですから、ダメダメもいいところです。先週のジスターキより悪いです...ジスターキの田村調教師と栗田調教師の違いは、状態が悪い事を承知の上で、つつみ隠さず公表して出走することです。ある意味潔くて男らしいと言えますが...
ジャスト君は折り合いに大きな問題のある馬で、暴走して惨敗、かといって溜め逃げしても全く脚が溜まらず惨敗を繰り返しており、どうやって立て直していくのか調教師の手腕の見せ所なのですが、栗田先生は諦めてしまったのでしょうか?真矢みきさんのCMの言葉が懐かしいです。
流石にこの距離では他に早い馬もいるでしょうし、無理にテンから押して逃げにこだわるような戦法はしないと思います。馬なりで追走してうまく流れに乗りたいですね。
今日の牧雄さんのメルマガで、今週期待の所属馬の1頭に挙げられていましたし、牧雄さんの期待にも応えたいところです。その割には、岡田牧雄氏名義の馬が同じレースに2頭出走してますが気にしない、気にしない。

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

ノルマンディー残口馬で気になる馬(4月)


お待たせしました。2月、3月と休載していたこのコーナーがいよいよ復活です。
*1 誰も待っていません
*2 単にサボったいただけだろ


何の芸もありませんが、今月もこの募集馬なんですよね...

ホウロクダマ20160331
ホウロクダマ(タマヒカルの14) 
募集価格:1,040万円(1口26,000円) 栗東:中竹厩舎
父:ショウナンカンプ 母の父:パラダイスクリーク 母年齢12歳
馬体重:545kg
加速感のある雄大なフットワークを披露しており、随所に資質の高さを感じさせています。来場した調教師からも「あの馬は何の仔ですか?」、「あの馬、走りますね」といった声が多く聞かれるようになりました

最近更新された調教動画のなかでは視聴回数No.1でした。私の他にも気になる方が多い事の証明かと。
しかし…威勢の良いコメントは相変わらずです。過去には、3冠馬の背中を知るベテランスタッフをはじめとする本馬に跨ったスタッフ誰もが高評価し、そして今回はプロ中のプロである調教師が「走りますね」と気にかけているわけですから、やってくれる可能性が極めて高いのではないかと妄想します。
ただ、毎度言っておりますが、馬体のバランスが良く見えない...かなりの背タレ体型なのがなんとも、といったところです。まあその点がネックになってまだ売れ残ってるのでしょうけど。

他の残口ありでは、ノーマークだったオルファリオン(トロフィーブライドの14)が良くなってきたように見えます。ダート短距離馬の体型ぽくないので、芝でもやってくれそうな気がしますよ。それになんといっても国枝名伯楽の存在が大きいですよね。ノルマンディーではイマイチ結果が出ていませんが、この馬でやってくれるでしょう。私はウォリアーズクロスが2勝目挙げたら出資を検討開始します(笑)

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

【悲報】ブランデーグラス 同じ箇所を骨折


な、なんてこった...

chibi-melissa.jpgブランデーグラス(♂3歳500万下)
レース後、厩舎での歩様チェックの際に右前脚の出に硬さが見られ、トレセン診療所内で今朝レントゲン検査を行ったところ、右前脚橈骨遠位端の剥離骨折が判明いたしました
前回の骨折箇所(橈骨外側)と同じ部分に損傷と、別の箇所(橈骨内側)にも骨折が確認されたため、近日中に美浦トレセン内診療所にて剥離した骨片の摘出手術および内部のクリーニングを行う予定です。
詳細が分かり次第また臨時更新いたします。

ブランデーグラス骨折20160421

骨折休養から戦列復帰して1戦終え、さあこれから、というときに悲しいニュース......しかも前回と同じ箇所の骨折らしいので、深刻な状況でなければ良いのですが。続報を待ちたいと思います。どうか最悪な内容ではありませんように...

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

シルク2015年度第2回追加募集で気になる馬

出資する気持ち(資金)はないのですが、一口馬主ブロガーの端くれとして、シルク2015年度第2回追加募集の簡単レビューをしたいとおもいます(*1)。
なお、昨年の2回追加募集レビューでは、『ノーザンファームからの贈り物』のキャッチフレーズで話題を振りまいたジェムクオリティ(ジェイズジュエリーの13)を推奨させて頂きました...おかしい。贈り物だったはずだが...

*1 既に他の一口馬主ブロガーさんのレビューを片っ端から読んでおり、独自性皆無のありきたりな内容となっておりますけど

マイネナデシコの14 牡
父:ブラックタイド 母の父:サッカーボーイ
美浦 小島太厩舎 募集価格:2,400万円(1口48,000円)
体高:163.0cm 胸囲:186.0cm 管囲:21.0cm 馬体重:488kg
母年齢:10歳
マイネナデシコ14募集時
測尺は申し分ないです。馬体は、お父さんのブラックタイドに似て(るように見える)、見栄えがしますし、私の好みです。なので写真を掲載しましたよ。しかしながら、皆さんご指摘のモデルウォーキングのような歩様は気になって仕方がありませんし、この血統では魅力を感じないし強気の値段にも思えますし、なんとなく似たような雰囲気のブラックジェイド(ノルマンディー)に出資済のため、余ったお金がたくさんあれば出資するといったところですね。あのモーリスを見出したノーザンファーム落札馬なら信頼度は高いはずですが、シルクに回ってくるのかは半信半疑、というより疑いの眼をもってみたほうがいいと思いますね。
厩舎は元祖ラッパ吹きの太さんですね。良く騙されますが、嫌いではありません(笑)

シャラントレディの14 牡
父:ワークフォース 母の父:フジキセキ
美浦 和田正厩舎 募集価格:1,500万円(1口30,000円)
体高:160.0cm 胸囲:182.0cm 管囲:20.0cm 馬体重:471kg
母年齢:7歳
価格は良いのですが、ダート馬ぽいワークフォース産駒なので、お金が余っても私は出資しないとおもいます。

クライウィズジョイの14 牡
父:ダイワメジャー 母の父:トニービン
栗東 池江厩舎 募集価格:4,000万円(1口80,000円)
体高:163.0cm 胸囲:185.0cm 管囲:20.5cm 馬体重:506kg
母年齢:17歳
ヒカルオオゾラ、サトノノブレスの半弟で今回の最注目の募集馬ですね。測尺、馬体、血統どれをとっても申し分ないのですが、値段が高過ぎて、私の対象外です。オールドスタッフから続く牝系は、我がノルマンディーの屋台骨である岡田スタッドに多数在籍しており、そちらで活躍馬が出て欲しいなあと密かに思っています...

ヒシエンジェルの14の14 牡
父:スズカマンボ 母の父:サクラバクシンオー
栗東 橋口厩舎 募集価格:1,500万円(1口30,000円)
体高:157.0cm 胸囲:184.0cm 管囲:19.0cm 馬体重:460kg
母年齢:11歳
写真は意外といいなあと思いましたが、測尺、馬体重があと最低15kgは欲しいのと、管囲が細目なのが気になります。血統もかなり渋く、この時点で動画を見るのは止めました。

マイネナデシコの14ですかね。いろんな意味で気になるのは。

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

ジスターキ、まさかのビリターキに


田村先生...

chibi-silk-earnest.jpgジスターキ(♀3歳未勝利) 
4/16福島4R3歳未勝利(牝)[芝1,800m]
馬体重:472kg(+18kg)
6番人気 結果:16着(ビリ)
津村騎手「返し馬でもそうでしたが、今日は常に気の悪いところを見せていました。スタートが良かったので逃げましたが、物見をして集中していませんでしたね。もっと走る方に気が向かないと厳しいですし、距離も詰めた方が良いでしょう」と話していました

何の収穫もない、無駄なレースとなってしまいました。
敗因というかビリターキになってしまった要因は、まだ出走できる態勢では無かったことに尽きるとおもいます。調教タイムや帰厩後の過程を見て、私のような素人でも「まだまだかな…」そう感じていたのですが、桜花賞で断トツ1番人気に支持されるような馬を管理するトレーナーが「今週の一追いで整いました」と自信を持って言うので、だったらと私も信じたのですが...非常に残念です。
昨日のレースはあくまで一叩き、続戦するならまだ救われますが、まだ本調子無いとか言って天栄にすぐ返すようなことがあれば、もう田村先生を庇いきれません。いや、庇ったことは一度もありませんが...とにかくジスターキちゃんが可愛そうです。

chibi-melissa.jpgブランデーグラス(♂3歳500万下)
4/16(土)中山6R3歳500万下[芝1600m]
馬体重:478kg(±0kg)
9番人気 結果:9着
柴田大騎手「スタートでやや遅れてしまい、中団から競馬を運ぶ形に。道中は少しハミを噛むところがありましたが、折り合い自体はついていたので距離はこなせる範囲だと思います。ただ、今日は久々が影響したのか追い出してからの反応が鈍かったですね。跨った感じからはダートもやれそうな感触ですよ」
chibi-melissa.jpgオルレアンローズ(♀3歳500万下)
4/16(土)中山6R3歳500万下[芝1600m]
馬体重472kg(-2kg)
5番人気 結果:2着
大野騎手「久々を一回叩いて状態は今回の方が良かったですね。陣営とは戦前、控える競馬も試してみようと話していたのですが、スタートが抜群に良くてテンからのダッシュも速かった。三角手前ではペースを落として後ろを引きつけられましたし、勝ち馬が迫ってきてからも懸命に抵抗してあと一息だったのですが…。距離はもう1ハロンくらい短い方がより良いように思えます」

ノルマンディー同期対決で、勝手に1人で盛り上がっていたレースは、オルレアンローズが惜しい2着!社台RHの断トツ1番人気を3着に抑えての惜敗だけに、「余計な事をしてくれたミエノドリーマーを管理している調教師は誰だ‼」とおもい調べたところ...
さすが名伯楽1

国枝名伯楽でした(笑)。流石です。(笑)

オルレアンローズは本当にスタートが上手く、競りかけられずに先手を奪えているのが好走の要因の一つですね。今回はスローペースに落とせましたし、直線の最後の粘りも素晴らしかった。先輩の逃げ馬ジャストフォーユーにも少しは見習って欲しいですよ...ただし、逃げ一辺倒だと同型との兼ね合いなど出てきますからね。ジャスト先輩と対戦する可能性もありますし。チャンスがあれば、次は控える競馬を試して欲しいなあと思います。
ブランデーグラスは、伸びそうで伸びず、というレース内容でした。半年ぶりの実戦で、1着とは0.7秒差と大きくは離されていませんから、着順はともかくとして、競馬内容は上々かとおもいます。ただ、デビュー2戦良かったスタートが、ここ3戦は出遅れ気味なんですよね。今回は休み明けの影響もあるかとはおもいますが、斬れる脚は恐らく持って持っていませんし、こと短距離においてスタートの飛び出しは重要ですし、ここは早いうちに矯正して頂き、先行力に磨きをかけて欲しいかなあと思います。

ノルマンディーvs社台RHvs牧調教師の2頭出し対決は、最先着を果たしたノルマンディーの勝利ということにしましょう。
社台RHは今期大不調ですし、いつかはノルマンディーが社台RHを追い抜く時代がやってくるかもしれませんね。という貧乏人の妄想で締めたいとおもいます(笑)

※情報については、シルクホースクラブ、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

ウォリアーズクロスやっと一安心♪


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

未勝利戦で喜んで要られない存在の馬ではあるのですが、それでも嬉しいものは嬉しいのです。
chibi-silk-justice.jpgウォリアーズクロス
4/16中山4R3歳未勝利[D1,200m]
馬体重:528kg(-8kg)
1番人気 結果:1着
ウォリアーズクロス20160416
石川騎手「一歩目は遅かったのですが、だんだんスピードに乗って行っていい位置を取れました。早め先頭に立って少し遊ぶ面は見られましたが、最後まで楽でした」
1月のレッドラウダに続き、またしても石川騎手の騎乗で優勝、五右衛門ファームの今期2勝目を挙げることができました‼
今日は8枠15番からの発走で、砂を被らず良い位置でレースを進めることができましたし、4コーナーでの絶好の手応えから、ゴールまで安心してレースを視聴することができました。正直相手にも恵まれ、勝つときは全てが上手く噛み合うものだと実感しています。
D1200mの馬じゃないのに何故使うんだ?、馬なり調教ばかりでやる気ないやろ?とか国枝名伯楽には時には厳しい意見をしてきましたが、今回は恐らく初めて終い強めの調教を施し(馬体が絞れた)、単勝1倍台にまで引き上げるほどライバル不在のレースを見つけ出した技術と努力。名伯楽の本気を見せて頂きました(毎回見せて欲しいものですが...)。
次はどうするでしょう。相手は揃いそうですが、中3週でダート1400m、芝の1400m戦が東京で組まれてますので、このあたりを狙って欲しいところですね。

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

2頭出し勝負!ノルマンディーvs社台RHvs牧先生⁉

きっと相手陣営は「このメンツでラッキー♪」と思ってるはず。黄色と黒の縦縞をやっつけるで‼

<今週の出走予定馬>
chibi-melissa.jpgブランデーグラス(♂3歳500万下)
4/16(土)中山6R3歳500万下[芝1600m]柴田大騎手
chibi-melissa.jpgオルレアンローズ(♀3歳500万下)
4/16(土)中山6R3歳500万下[芝1600m]大野騎手

私の数少ない勝ち上がり組の3歳出資馬2頭が、中山平場戦で合見えます。1口馬主を続けていれば、いずれ起こりうることだとは思っていましたが、まさか同じクラブ馬同士、しかも募集頭数が少ないノルマンディー同士で起きようとは。星の潰し合い(一応)になるのは残念ですが、2頭同じレースを走るというのはきっと興奮しますね。11頭の少頭数ですが、なかなか面白いメンツが集まりました。
スターオブペルシャ(募集総額6,000万円 ロサギガンティアの半弟)
ナイトインブラック(募集総額5,000万円 皐月賞馬ロゴタイプの全弟)

なんと、社台RH募集馬もここに2頭出しです。しかも、輝かしいばかりの超良血では...どおりで出走頭数が少なくなるわけですよ。スターオブペルシャなんて、中山マイルぴったりのダメジャー産駒で、1つ下のステイゴールドの半弟がセレクトセールで1億円以上で売れていますし、この血統でこの戦績の馬が平場戦を荒らすのはほんとズルいですよ(泣)。とはいえ、勝ちきれない理由もあって同じ条件にいるわけですから、全くのノーチャンということではないはず。ノルマンディー2騎の調子はとても良さそうなので、案外な結果が出るかもしれませんよ。

オルレアンローズは、前走(6着)で一緒に走って、4着、5着、7着だった相手との再戦ですが、実力差はそんなにないはず。叩き2戦目で状態は上向きですし、上手く溜め逃げできれば...
ブランデーグラスは骨折長期休み明けの復帰レースで不利な状況は否めず、人気もは下位のほうに沈んでおりますが、牧先生が「仕上がりに不安無し」と自信を持っており、距離さえこなしてくれれば期待以上の結果が得られるかもしれません。しかし解せないのは...牧先生も2頭出しなんですよね。しかも、もう1頭のほうは2番~3番人気で、しかも戸崎騎手が乗り替わり騎乗。なんだか、ブランデーグラスではなく、もう一方の馬に注力している気がしないでもないな...

さて、ノルマンディー・社台RH・そして牧調教師の2頭出し作戦の勝負結果はいかに?もちろん勝つのはノルマンディーでお願いしします‼

今度こそ頼んだぞ‼ ウォリアーズクロス

『レース選択バッチリやろ?今週こそ俺に任せとけ!』
国枝栄20160325s-s-

<今週の出走予定馬>

chibi-silk-earnest.jpgジスターキ(♀3歳未勝利)
4/16福島4R3歳未勝利(牝)[芝1,800m]津村騎手
chibi-silk-earnest.jpgウォリアーズクロス(♂3歳未勝利)
4/16中山4R3歳未勝利[D1,200m]石川騎手

今週土曜日に一挙4頭が出走の予定です。chibi-silk-earnest.jpgピュアウィッシーズ(♀3歳未勝利)も土曜福島に出走予定でしたが、2週連続の非抽選除外で、来週の芝1200mの条件を求めて再スライドになりました。レース選択のマネジメントがうまくいかずに大変残念...

ということで、シルクの未勝利馬2頭から。ジスターキは脚部不安が長引いて5ヶ月半ぶりの出走になります。先週時点でどのレースに出走するか日時未定でしたし、天栄でもバリバリ乗り込んで態勢万全の状態では無かったように思えますので、今週の出走はやや急な感じがしますが、相手関係等考慮したうえでの決断かとおもいますので、出走するからには頑張って欲しいとおもいます。デビュー前は、この世代で出資した牝馬で1番高い評価をし、期待が高かったお馬さんなのでなんとしても良い結果を出したいところ。相手は休み明けや初出走が多く、「この相手なら上位争いできるのでは...」と妄想しております。津村騎手は出資馬初騎乗だと思っていましたが、2度目でした。去年、ジャストフォーユーに騎乗していましたが、全く記憶に残っていませんでした(笑)。心躍ること皆無ではありますが、前走の石橋騎手よりは上手く乗ってくれるよう願いたいと思います。(津村騎手ファンの方、ゴメンナサイ)

ウォリアーズクロスは正直負けられない1戦です。出走メンバー中、3着以内の実績があるのはウォリアーズクロスのみ、前走5着以内は本馬以外には他1頭だけと、相手に大変恵まれました。流石は国枝名伯楽です。いい仕事しましたね(笑)。まともに走れば勝ち上がりは間違いないとおもうのですが、過去ちぐはぐな競馬で大敗したこともあるので、油断は禁物です。何度も言いますが、1200mの距離は適正外だと考えていますが、とにかくまずは弱い相手で構わないので1つ勝って、ダート中距離や初芝レースを試走できる環境を早く整えて欲しいとおもいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。