スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度、国枝先生を信じてみるぞ♪


私は2年前からシルク、東京TC、ノルマンディーの3クラブに入会しておりますが、その中でシルク所属馬2頭が国枝厩舎に所属しています。そして、各クラブとも国枝厩舎には毎年1頭は預けていることもあって、国枝厩舎は大変注目しているのですが、現在の国枝厩舎に対する評価と言えば...

不信です(笑)

勝たせられないのも不信になった理由の1つではありますが、調教も馬なりだし、すぐ放牧に出すし、預かった馬を強くしよう、勝たせようとする熱意があまり伝わってきません。
(あくまで個人の感想です。効果には個体差があります)

しかし、今週末出走予定のウォリアーズクロス(3歳未勝利)の追切後に出した国枝師のコメントに、不退転の決意を感じることができましたよ。
先週のコメント
国枝栄調教師「今週の調教の動きを見る限り、未勝利にいる馬ではないんですけどね。来週は何とか結果を出したいところです」

「未勝利にいる馬ではない」→「勝てないのは全て調教師の責任。ごめんね」→「でも次は必ず勝つよ‼勝てなければ調教師がヘボいとおもって頂いて結構だ!」
ここまで言われたら、先生を信じるしかありません(笑)。コース4F追いですが、馬なりで52秒台前半、一杯に追っている準オープンの格上馬を子ども扱いしており、過去2走よりパワーアップしている雰囲気はかなり感じます。ここは黙ってウォリアーズクロスと国枝先生を信じましょう‼

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。