スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯一先週で嬉しかったこと、レッドリーガルの半弟が勝ち上がり


先週は散々な1口ライフでしたが、唯一の嬉しい出来事が。
出資馬レッドリーガルの半弟で、ショウダウンの13こと、レッドエルディスト(父ゼンノロブロイ)が、京都の芝2200mの未勝利戦をなかなか強い勝ち方で勝ち上がりました。東京TC公式HPの最新ホーストピックスに情報が掲載されています。ほとんど話題に上がらない理由は後述致します。

出資馬の下、ゼンノロブロイと相性の良いミルリーフの血を持っているということで気になる存在ではありましたが、ブログには1度も登場することはありませんでした。トモが頼りなさそうで、出資段階までには至りませんでしたね。世間一般も同じような見方だったとおもいます。1口馬主DBのMy馬登録人数は12人ですよ。話題にならない理由はこれ。ほとんど出資者はいないとおもいます。東京TCは出資者が少ない馬のほうが走るという都市伝説?がありますので、案外有望かもしれません。しかも、私が1番欲している芝中長距離部門での勝ち上がりですからね。この距離カテゴリーに大いに期待をして出資したレッドカムラッドが劇的な返信を遂げる可能性も0ではありませんが、自分の馬を選ぶ基準を見直す時期なのかもしれませんね。と、嬉しい出来事だった感じが全くしない内容になっちゃいました(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。