スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくROMりますかね♪


ピュアウィッシーズ(♀3歳未勝利)
2/28小倉3R3歳未勝利[芝1,200m]鮫島騎手
馬体重:430kg(+16kg)
2番人気 結果:5着
ピュアウィッシーズ20160228
鮫島克駿騎手「スタートはもう一つでしたが、二の脚が速く、すぐに先行集団に取り付きました。でも3コーナー手前でペースが落ちて、内でゴチャついてしまいました。スピードは有り余るほどあるので、外目で自分のリズムで走らせてあげたかったです。すいませんでした

ジャストフォーユー(♂4歳500万下) 
※連闘
2/28小倉8R500万下[芝1800m] 丹内騎手
馬体重:470kg(+0kg)
2番人気 結果:12着
丹内騎手「テンから出して行ったのですが、内側にいた勝ち馬(テーオービックバン)もなかなか譲ってくれず、先頭に立つまでに少し脚を使わされてしまいました。。コーナーを回ってからは馬がムキになってエキサイトしてしまって、どうにもなだめることができずにオーバーペースとなり終いの脚色が鈍ってしまいました、1コーナーまでの入りでもっと楽に入れていたらまた結果も違っていたと思います。連闘でも馬の状態は良かっただけに、このような結果となり申し訳ありませんでした

ふむ。お2人さんとも自分の騎乗の失敗を潔く認めて謝罪しているので、今回は許してあげましょう.........って、私はそんな懐の大きな人間では無い‼イッツアスモールなんや‼しっかり乗ってくださいよー(♯`∧´)
ピュアウィッシーズは、調教で見せる抜群のゲートはどこへやら、2戦連続での出負けです。2の脚は早いのですが、内枠で窮屈な競馬になってしまいました。もったいなかったですね。唯一の光明は、小倉へ遠征しながら、馬体重を大きく増やして出走できたこと。優先出走権獲れたので続戦してほしいのですが、どうなりますかね。微妙かな...
ジャストフォーユーは何も言いたくありません。札幌デビュー時を除けば、これまでで1番酷い負けだったかもしれません。これでは連闘した意味が全くなかった。何もかもがたんない、残念な週末になりました...

しばらく出資馬のレース予定が無いので、しばらくはROMろうかなって考えています...
スポンサーサイト

スッキリと勝って美浦に戻りましょう


『栗田ラッパ』という新語が、どうかできませんように...

<今週の出走予定馬>

chibi-silk-earnest.jpgピュアウィッシーズ(♀3歳未勝利)
2/28小倉3R3歳未勝利[芝1,200m]鮫島騎手
調教:2/23栗坂稍63.4-46.0-29.2-13.9[馬なり]
   2/24栗坂良53.0-39.2-25.9-13.0[強目]
松永幹調教師「先週の除外は痛かったですけど、1週間伸びても馬体は維持出来ていますし、影響は今のところありません。ゲート練習は抜群に速かったので自信を持って初戦に臨みましたが、アレっと思うぐらい一息でしたね。初めての競馬だったこともありますし、今度はしっかり決めてくれるでしょう。中間ゲート練習を行いましたが、無難にこなしてくれていたので、出をしっかり決めてスピードを活かす競馬をすることが出来れば勝ち負けしてくれると思っています

chibi-melissa.jpgジャストフォーユー(♂4歳500万下)
※連闘
2/28小倉8R500万下[芝1800m] 丹内騎手
栗田徹調教師「1000m通過を58秒6のハイペースで行きましたので、さすがに最後は余力がありませんでしたね。道中もう少し力まずに走ってくれるようになれば、終いの粘りも増すはずなので、今後もそこを重点的に取り組んで調整していきましょう。レース後も馬体や脚元に異常はなく、滞在競馬で臨める点と相手関係も考慮して今週の連闘を決めました。乗り替わりとなりますが、鞍上(丹内祐次騎手)は小倉競馬場に到着してからずっとこの馬の面倒を見てくれており、何度も跨って癖を掴んでくれています。スッキリと勝って美浦に戻りましょう


今週は2頭揃って日曜の小倉に出走です。手薄な出走メンバーも手伝い、両馬ともチャンスはあるかなぁって妄想してます。
ピュアウィッシーズは、予定してた先週のレースを除外されて痛かったと調教師はおっしゃっておりますが、2枠4番と大変良い枠が当たりましたし、抜群に早いというゲートの飛び出しで、今週からBコースに変わってピカピカのグルーンベルトを通っての逃げor番手勝ちを期待します。前走は馬体が寂しく映りましたので、できれば420kg台で出走して欲しいなぁ。
ジャストフォーユーは中1週で小倉続戦だとばかり思ってましたが、相手が楽とみるや、同条件を連闘してきました。1年前に同じ小倉での連闘経験があり、そのときは3着に好走しておりますので、きっと今回も大丈夫でしょう。蛯名騎手から丹内騎手への乗り替わりになりますが、「何かがたんない」と言われないよう、上手く乗って欲しいですね。あれ、意外と人気がないなあ。逃げ馬なので、これはかえって好都合かも。ただ、牧雄さんがメルマガで「チャンス充分」と言ってるのがなんとも...黙っていて欲しかった(笑)

※情報については、シルクホースクラブ、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

2013年産My様子見馬の戦績が酷い...


想像以上に酷かった…
私は、現3歳の2013年産に9頭出資しており、2015年に年が代わってから追加出資した馬が6頭です。当時はそれなりの自信を持って出資に踏み切ったわけですが、現状では勝ち上がった馬が1頭のみと、厳しい現実を突きつけられております( ノД`)
もちろん、今後勝ち上がってくれる馬も何頭かいることを祈ってはおりますが、ビリを経験した馬も複数出ており、まったく自信はありません。一方、直前まで「気になる馬」としてピックアップしていた馬達が活躍を見せているかというと、そういうわけでもなく…
具体的に見て頂いたほうが早いですね。

<様子見で実際に追加出資した馬>
ジスターキ(シルク)
レッドカムラッド(東京TC)
ブランデーグラス(ノルマンディー)
ストーミーストーム(シルク)
ウォリアーズクロス(シルク)
ピュアウィッシーズ(シルク)

6頭合計:15戦1勝(1-0-2-0-1-11)
掲示板率も3割届いておらず、なんだか涙が出てきちゃう( ノД`)。別に安い馬ばかりに手をだしてるわけじゃないんですけどねぇ。シルク勢の不振が痛い。今週末のピュアウィッシーズは何とかしたいところです。

<気になるシリーズに多く登場した馬>
アソングフォーユー(ノルマンディー)
パラヴィオン(ノルマンディー)
アンフィールド(ノルマンディー)
レッドラスター(東京TC)
レッドバルトーク(東京TC)
ワンソックワンダー(シルク)

6頭合計:11戦0勝(0-0-2-0-0-9)
出資者の皆様ゴメンナサイ。まだ勝ち上がった馬がおりません。馬は頑張っています。全て私の負の力のせいです。ごめんね。でも、アソングフォーユー、アンフィールドは3着の実績があり、近走は安定した着順で走っているのでチャンスはありそう(アンフィールドは骨折で休養中ですが)。ワンソックワンダーは心配していた喉鳴りの手術明けでまだ復帰できていません。レッドラスターは、キンカメとさほど相性が良くない母父サドラーなこともあって出資しませんでしたが、1番迷っていた馬です。確か今週走るので期待したいです。

もう少し詳しく記事にしようとおもっていたのですが、急にむなしくなったため、いつもの手抜きになっちゃいました(笑)。出資馬が走ってこそ、充実した1口ライフを過ごせるんだと改めて思いますねぇ。

東京TC残口馬で気になる馬(2月)


今月に入ってから、東京TCの残口馬情報にも若干動きが出てきましたね。
まあ、昨年度に私が様子見していた募集馬の戦績を見る限りでは、何も行動を起こさないほうが身のためであることは承知しております(笑)。でも東京TCは売れ残っている馬が多い分、気になる馬も多いのです。サンクスアロットは左前肢に外傷を負ったみたいなので、今月はこの馬。

アグネスラズベリの14_201601
アグネスラズベリの14 牡馬
募集価格1,800万円(1口45,000円) 栗東:音無厩舎
父:ゼンノロブロイ 母の父: 母年齢13歳
馬体重:475kg 在厩先:社台ファーム

母は重賞勝ち馬で、半兄のレッドオルバース(父ダイワメジャー)が4,000万円募集だったことを考えれば、この破格な価格はとても魅力的です。でも全く売れていません。どうも動きが堅く、募集時に高評価をしてる人を見かけることはありませんでした。私も字面字を伏せた状態で見れば、良い馬だなあとは正直思いませんが、厩舎と血統から一発賭けてみたくなる馬ではあります。成長も育成もゆっくり目のようですが、近況コメにあるように、どこかでグンと変わるのを待ってみたい存在でもあります。募集締め切りまでじっくり様子見できそうなので、その成長過程に注目していきたいとおもいます。

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

ジャストフォーユー これが私の生きる道


現状はこの戦法がベストなのかなぁ?

ジャストフォーユー(♂4歳500万下)
2/21小倉7R4歳上500万下[芝1800m]
馬体重:470kg(-2kg)
5番人気 結果:3着
蛯名騎手「ハナに立った後、1コーナーでスッとハミが抜けて力まずマイペースで進めると思っていましたが、1~2コーナーの中間地点を過ぎた辺りで急にハミを取って加速し始めたのでビックリしましたよ。上手くなだめ、セーフティーリードを保ったまま最終コーナーを回れましたが、残りのスタミナを考えると多少馬場が渋っていてもロスの少ないインコースを選ばざるを得ませんでした。休み明けを叩いたことで馬体面も精神面も良化してくるでしょうし、これがキッカケになって最後まで踏ん張り切れるようになれば安定して上位にこれると思いますよ」
5ハロン通過58.6秒の抑えの利かない逃げで、最後の直線は粘る余力はなく、惰性で何とか踏ん張る。今まで何度も実戦しているこの戦法が、現状では1番良いのかな。小倉ローカルともなるとかなり弱いメンツで、そこに助けられたところは大きいものの、久々の3着という結果には満足しています。次走は中1週で最終小倉の同条件か、3週開けて中山のマイルってところですね。この時期は調子が良いのか小倉が合うのかはわかりませんが、次走にも期待しようとおもいます。

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

6着なら上々 プルーブダモール


プルーヴダモール(♀4歳500万下)
2/20東京4R 障害未勝利(混)[障3,000m]
馬体重:424kg(+4kg)
8番人気 結果:6着
スタートで出遅れたものの行き脚は良く、序盤は4番手あたりを追走、スタンド前で6・7番手に控え、向正面なかばから徐々に前を窺うと、大きく順位は上げられませんでしたが、最後までジワジワ脚を見せて6着でゴールしています。

森一馬騎手「ゲート内で横を向いて直そうとした時に、タイミング悪くゲートが開いて出遅れてしまいました。それでもその後は行きっぷりが良かったですし、飛越もスムーズでしたので、無理することなく先行集団に取り付くことができました。一度経験して障害の息の使い方を学習してくれたようで、良いポジションをキープしたままスムーズに運べました。ただ馬場が結構荒れてきていたので、途中何度かノメッていましたね。勝負処で少し置かれてしまったのですが、それでも最後まで諦めずに頑張ってくれました。まだ障害2戦目ですし、前回に続き東京のようなタフなコースでもしっかり競馬が出来たことは評価できると思います」
プルーブダモール20160220

3着馬から3秒ちぎられてはおりますが、充分な結果で満足しております(5着だったら尚良かったけど…)。
たぶん、次走でいきなり勝ち負けは無理でしょうから、エンパイアラインとのMy出資馬直接対決が見てみたいですねぇ。障害レースですから出走できるレースが限られてすし、可能性はあるとおもいます。おそらく放牧でしょう。次は頑張って掲示板を目指しましょう‼

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

ラダームブランシェ、レイクヴィラファームで繁殖入り


良い仔をたくさん産んでね!

ラダームブランシェ20150803

これまでで、1番短い記事となりました(笑)

【引退】ラダームブランシェ


chibi-silk-earnest.jpgラダームブランシェ

田島俊明調教師「今朝になっても腫れと熱感が残っていたので、午後に診療所で患部のエコー検査を行ったところ、屈腱炎と診断されました。完治させるまでには時間が必要ですし、また一旦緩めることになるので、太りやすいこの子の体質を考えると、立ち上げるのにかなりの時間が掛かってしまいそうです。貴重な血統を任せていただきなんとか結果を出そうと頑張ってきましたが、結果的に2回しか走らせてあげられなかったのは本当に申し訳なく思います。その2回しか走れなかった中でも目の覚めるような内容で勝ち切ってくれたのは忘れられません。能力は高い馬だったと思いますし、お母さんとしてまた頑張って欲しいと思います」

トレセンへ移動しこれから復帰へ向けて調教を開始しようとしたところ、屈腱炎を発症してしまいました。完治するまでには時間が必要なことや、体質面を考慮しても復帰までには相当な時間を要します。そのような状況を踏まえ関係者と協議を行った結果、誠に残念ではございますが、近日中に抹消の手続きをとらせていただくことになりました。なお今後は繁殖牝馬となる予定です。 

2/12に美浦トレセンへ帰厩した矢先での引退発表。復帰を楽しみにしていたこともあり、大変残念な出来事となってしまいました。帰厩早々に腫れと熱感が出たという近況が更新されており、脚部不安が常についてきた仔で一応の覚悟はしておりましたが、木曜日の更新で、屈腱炎の診断と、引退及び繁殖入りが発表になりました。
骨折でデビューが3歳5月と遅れ、デビュー戦の内容からも勝ち上がりは無理だろうなと感じてみていた2戦目の未勝利戦勝ちが今でも脳裏に焼き付いています。もっとたくさんの走る姿を見たかったですね。どこまでのポテンシャルを秘めていたのか、わからぬままのお別れになってしまいましたが、名牝ビワハイジの遺伝子を受け継ぐ血統ですし、どこで繁殖生活を送るのかはまだわかりませんが(ノーザンファームに残れると信じたい)、きっと良い仔を産んでくれるとおもいます。ラダームブランシェ、今までありがとうございました!

ラダームブランシェ(La Dame Blanche)
意味:白い貴婦人(仏)
父:チチカステナンゴ 
母:アーデルハイト(母父:アグネスタキオン)
通算成績:2戦1勝

ラダームブランシェ未勝利勝ち
(未勝利戦は12番人気からの激走でしたね。)

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

ブログさぼり気味ですみません...


なんだかモチベーションが上がってこなくて…。しかも、昨日出資馬の悲しいニュースが舞い込んできて、さらに下降気味です。最も期待を寄せていたピュアウィッシーズは除外で来週の小倉にスライド。出走馬は2頭となりました。両馬ともに前走は8着すら入れていないので、掲示板にのってくれれば最高の結果といえそう。二桁着順だけはもう止めて‼

プルーヴダモール(♀4歳500万下)
2/20東京4R 障害未勝利(混)[障3,000m]森騎手

栗東生活で大きく調子を崩すことはなくなったようで、スランプは脱したとみたいです。東京までの輸送がありますので、これを克服克して440kg台の馬体重で出走できれば、少し期待期してみたいですね。障害レース2走目で慣れが見込める今回は、積極的な競馬を試すようです。障害レースって大差がつきやすいので、なるべく前にいて映像に映って欲しいと思います(笑)。

ジャストフォーユー(♂4歳500万下)
2/21小倉7R4歳上500万下[芝1800m]蛯名騎手
調教:2/17小倉ダ52.8-39.0-12.5[馬なり]

調教に乗った丹内騎手から「抜群の背中で能力の高さも感じさせるのに、力んで走っていることが全てを帳消しにしている」とのコメント。背中の感触は跨ったジョッキーが褒めてくれるのですが、他に問題があって結果を伴わないのが歯がゆいところです。距離、芝ダ、なによりも戦法...迷走が続いておりますが、初勝利を挙げた相性の良いコースでの復活に期待です。先頭を駆けるEBIダンスが見たい(笑)。

ノルマンディー2014年産3次募集馬が案内されたけど… 


今回は3頭でしたね。
安心してください。買いませんよ。 笑

ナリタオリーブの14 牡 美浦:大竹厩舎 880万円
ハリウッドレビューの14 牡 栗東:中村厩舎 960万円

ヴァドヴィーツェの14 牝 美浦:矢野厩舎 720万円

2次募集のラグランドルー(フェリスホイールの14 牝 栗東:鈴木孝 680万円)より惹かれる馬がいるかどうかですが...ピンときた馬はいませんでした。まあ、過去にもピンときた馬はほとんどいませんけども(笑)。母の繁殖実績、顔の凛々しさ、馬体のバランスからはハリウッドレビューの14が1番の好み。ただし、母年齢は19歳と超がついてもいいくらいの高齢。馬体も小さめ。ちょっとおいそれと手を出しづらいですね...

うん、検討終了 記事内容もかなり手抜きになっちゃいました 笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。