スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出資馬近況ぽいもの。'16/2/13


今週は出資馬の出走がないので、久々に近況ぽいものを記事にしたいとおもいます。

外厩へOUTしたのが、先週出走したレッドミモザと、シルクのウォリアーズクロス。1戦しかしていませんが、共に惨敗で節を空けないと出走も難しく、悲しみと挫折の放牧。ミモザは1ヶ月くらいしがらきで鍛え直すみたいです。毛艶は大変良かったのですが、良かったのはそれだと言われても仕方ないほどの惨状(涙)。「追うごとに頭が上がって力が上に抜けているように映った」by助手さんというように、矯正はなかなか厳しいとおもいますが、奥手の血統と、手がけるスタッフ、何よりミモザを信じて春を待とうとおもいます。ウォリアーズクロスは3末か4月の中山D1200mを目標になりそう。高かったのは値段だけ、と言われないように高い能力?を発揮できるようこちらも祈ることばかり。あと、D1200はちょっと違うような...

一方、2月に入ってから、トレセンINした馬は結構おります。昨年8月の実戦以来、岩手の遠野へ放牧に出ていたレッドカムラッドがようやく戻ってきました。特に悪いところはなかったのですが、成長促進と鍛錬のために、じっくりと牧場で乗り込まれていました(放置ではないと信じたい...)。だいぶ前向きさが出てきたようですが、栗東坂路で52秒台を出せるように、一定の能力はあるんです。こればかりは走ってみなければわかりませんが、良い変化をただただ祈るばかりですね。シルク組では、今週のクイーンCに出走するロッテンマイヤーさんのお姉さん、ラダームブランシェが天栄経由で昨日戻ってきました。骨折明けですし、復帰戦は無事にまわってきて頂いて、叩いた2戦目以降が勝負になりそうです。ストーミーストームは、距離延長で巻き返せるはずです。2末の小倉が目標です。プルーヴダモールは栗東入り直後の馬体重が471kg‼。過去見たこと無いふっくらさです。これはスランプを脱したか?と期待してしまいます。来週の東京出走を予定しています。1番の期待は新馬戦3着のピュアウィッシーズでしょうか。こちらも来週、小倉1200mを予定しています。前走は相手関係も楽で、Sペースの2番手と展開の助けもあったことは否定できませんが、レース後の成長も加味して、次もいい勝負ができるはず。ほんと、なんとかお願いします...

※情報については、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

シルク残口馬で気になる馬(2月)


今の私の成績では、とてもではありませんが追加出資できる状況・心境に無いのですが、後学のためにもこのコーナーは続けていきたいとおもいます。
シルクの残口馬ではターシャズスターの14が1番良く見えるかなあという思いは強いのですが、価格帯は私の範囲外なので(笑)、今月はこの馬です。

ピーチブローフィズの14
ピーチブローフィズの14_201602
美浦 大和田厩舎
父:ハービンジャー 母の父:シンボリクリスエス
募集価格:2500万円(1口価格50,000円)
馬体重 512kg(+12kg)
私の苦手なハービンジャー産駒です(笑)。久々に見ましたけど、募集当時より首刺しも太くなり、立派な体つきになってきました。全体のバランスもいいし、馬体重もこのくらいなら丁度良いサイズかと。近況コメにあるように、脚や体が丈夫そうなのが良いですね。私の好きな前向きコメントも頂戴しておりますねー。坂路調教を始めたばかりで、これからUPされるであろう動画に注目といったところでしょうか。母の初仔ですが、母実績からすると少し高めのお値段かなあーという印象ですね。まだ警報出てないですよね?牡馬の中長距離馬で出来の良い馬がここまで残っている可能性はあまり高くないのかもしれませんが、少し注目してみていこうとおもいます。

それにしても、私の出資馬であるゴールドティアラの14は売れ行きに反応無しですね。既に今から心配です(笑)。

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

私も広尾サラブレッド倶楽部のゼロ革命会員に


賞味期限切れ記事です(笑)
先月、まーくさんのブログで紹介されておりました広尾サラブレット倶楽部の『ゼロ革命リターンズ』という企画に私も参加致しました。まーくさん、この場を借りて御礼申し上げます。
詳細はまーくさんの記事をご参照頂ければとおもいますが、馬代金0円、入会金0円、一般会費0円で、ベイビーローズの15(牝 父:スマートファルコン)に出資できる伝説!の企画です。4000口募集で、かかる費用は1口あたり年間1800円のみです。2口まで無料出資できるのですが、私は遠慮して1口のみ応募しました(笑)。強めのインブリード、ニアリークロスがあって血統的にも面白そうです。

収支にはほとんど影響しませんが、他の出資馬と同様応援できるはず。なにより気楽に応援できるし、ストレスを感じないのでいいかもしれません。そのあたりも検証していければいいなあとおもいます。

唯一先週で嬉しかったこと、レッドリーガルの半弟が勝ち上がり


先週は散々な1口ライフでしたが、唯一の嬉しい出来事が。
出資馬レッドリーガルの半弟で、ショウダウンの13こと、レッドエルディスト(父ゼンノロブロイ)が、京都の芝2200mの未勝利戦をなかなか強い勝ち方で勝ち上がりました。東京TC公式HPの最新ホーストピックスに情報が掲載されています。ほとんど話題に上がらない理由は後述致します。

出資馬の下、ゼンノロブロイと相性の良いミルリーフの血を持っているということで気になる存在ではありましたが、ブログには1度も登場することはありませんでした。トモが頼りなさそうで、出資段階までには至りませんでしたね。世間一般も同じような見方だったとおもいます。1口馬主DBのMy馬登録人数は12人ですよ。話題にならない理由はこれ。ほとんど出資者はいないとおもいます。東京TCは出資者が少ない馬のほうが走るという都市伝説?がありますので、案外有望かもしれません。しかも、私が1番欲している芝中長距離部門での勝ち上がりですからね。この距離カテゴリーに大いに期待をして出資したレッドカムラッドが劇的な返信を遂げる可能性も0ではありませんが、自分の馬を選ぶ基準を見直す時期なのかもしれませんね。と、嬉しい出来事だった感じが全くしない内容になっちゃいました(笑)

気力を振り絞ってレース回顧...


といってもコピペですけどねえ~♫♫♫~ハハハ~・・・・・・・・・ハァ...

ウォリアーズクロス(♂3歳未勝利)
ウォリアーズクロス20160206
2/6東京3R3歳未勝利[D1,600m]
2番人気 結果:11着
スタートで出遅れ、押して中団に取り付き道中は11番手あたりを追走、3コーナー過ぎから徐々に進出し、直線で外に持ち出そうとしたものの被され、立て直して前を窺いましたが差を詰め切れず、中団でゴールしています。
F.ベリー騎手「とにかく馬がまだ若いですね。周りの馬を気にしたようで、フワフワして集中して走れていませんでした。特に今回はスタート後に寄られたり、道中も何度か他馬に接触し、ハードな競馬になってしまったことも影響していると思います。まだ2戦目ですし、今回の揉まれる競馬が良い経験になってくれるはずです」

国枝栄調教師「9番の馬がゲート内で暴れた影響を受けたのか、ウォリアーズクロスも落ち着きがなくなり出負けしてしまいました。スタート直後にも寄られたり、道中もガチャガチャしてしまい、ちょっと厳しい競馬になってしまいましたね。スムーズに走れたのは3コーナー付近のほんの僅かな距離だけで、直線も外の馬にぶつかっていくし、全体的にスムーズさを欠いてしまいました。胴長で器用な脚を使えないから、本当は前回のように外目から自分のリズムで走ることができれば良いのですが、今日のような競馬になっては力を出せないですし、参考外と思って良いと思います。胴長の体型からテンからスピードに乗れるかどうかという問題はありますが、本質はスプリンターだと思います。次は中山のD1,200mを試してみたいと思います」
本当にベリー騎手が騎乗していたのでしょうか?と感じるほど…なレースでした。揉まれたことが良い経験になった、参考外と思ってよい、という関係者のコメントを微かな希望に持って進んでいくしかありません。ただ...ダートスプリントに出走するような馬に出資したつもりは無かったはずなんですよね。基本はプロの判断を信頼するのですが、今回はどうかな...価格からしても私の勝負馬ですし、何とか巻き返して欲しいです...

レッドミモザ(♀3歳未勝利)
2/7京都6R3歳新馬[芝1600m]
2番人気 結果:16着(ビリ)
松山騎手「スタートが決まらなかった上に外から寄られて弾かれてしまいました。そこからは押しても肩ムチを入れてもハミを取らず追走するのに精一杯。自分から進んでいこうとする気がありませんでした。まだ体が緩くて幼いのでこれからの成長に期待したいです」
松永幹調教師「この結果は申し訳なく思っています。乗り込み量は十分で調教でも動けるようになってきていたんですけど…。来週中にノーザンファームしがらきへ移動させて立て直したいと思います」
驚愕。まさかこんな結果になろうとは...松永幹調教師の「なんかごめんなさい」的なコメントが追い打ち追ちをかけるように辛い..うん、余計な事は考えないようにしよう!現実逃避です!それしにても、カムラッドにミモザ。お仲間の皆さん、私のせいかもしれません。誠にごめんなさい。

※情報については、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

今日はノーコメントです...


この虚脱感といったら…

ウォリアーズクロス(♂3歳未勝利)
2/6東京3R3歳未勝利[D1,600m]
2番人気 結果:11着

レッドミモザ(♀3歳未勝利)
2/7京都6R3歳新馬[芝1600m]
2番人気 結果:16着(ビリ)

人気を背負ってこの結果。特にミモザのショックが計り知れません。回顧する気力も起きません。これで勘弁してください...

ミモザ、ようやくデビュー戦です。


今週は、勝ち上がり期待の未勝利戦と、ドキドキワクワクのメイクデビュー。

<今週の出走予定馬>

chibi-silk-earnest.jpgウォリアーズクロス(♂3歳未勝利)
ウォリアーズクロス20160203
2/6東京3R3歳未勝利[D1,600m]ベリー騎手
調教:2/3南W良68.4-54.1-40.5-13.0[強目]
国枝調教師「この馬なりに徐々に良化していると思います。追い切り後の検査でもしっかりと負荷がかかっていることが確認出来ました。しっかりと調教で動いた分、特に左トモに重苦しさが見られましたが競馬までには大丈夫でしょう。デビュー戦よりもいい状態でレースを迎えられると思います」
昨年10月のデビュー戦が案外の結果に終わり、天栄で1から鍛え直されたウォリアーズクロスが3ヶ月振りの実戦です。国枝師のコメントはあまり歯切れがよくありませんが、過程からは成長が感じられますし、ベリー騎手にも乗ってえるし、ここは一発で決めて欲しいところです。東京TCのレッドゲルニカも同レースに出走するんですねー。私も東京TC会員ですし、このクラブ募集馬とできれば戦いたくありませんが、仕方ないですね。申し訳ありませんが、こちらが先に勝ち上がらせて頂きますよ(笑)。

chibi-red-desire.jpgレッドミモザ(♀3歳新馬)
2/7京都6R3歳新馬[芝1600m]松山騎手
調教:2/3栗坂53.7-39.1-25.6-13.1[一杯]
松永幹調教師「2週続けて除外されましたが、その分しっかり乗り込めました。マイルはこなしてくれると思います。半兄のヴァンセンヌも若い頃はビュッとした脚を使えませんでしたが、ミモザも一緒で同じようなタイプなので、それなりの位置で進めてもらいたいです。まずは今後に繋がる競馬を見せて欲しいです」
助手「やれることはやったので初戦としては準備万端です。今日の時点で馬体重は442キロ。除外で延びましたが調教は手加減していませんし、体はしっかり維持しています。競馬場は初めてなのでテンションが高くなってしまったり、物見をして恐がったりすることはあるはずですが平常心でレースに臨めるといいですね」
今週も手加減なく坂路を追われ、自己ベスト計時(たぶん)。どんどん良化している感じがします。これは初戦から少し期待してしまいます。キャロ馬のマリアライト、リアファルの半妹に、シルク馬のローズキングダムの全妹、そしてベストウォーリアの半弟...豪華な血統のメンバーが集まりましたねー。みんな強そうですが、ミッキー先生のおっしゃるように、まずは今後に繋がる競馬を見せて欲しいとおもいます。

※情報については、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

1月成績振り返り。


<1月の成績>
4戦1勝 掲示板率0.500
本賞金910万円

年間100戦、獲得賞金15,000万円を目標に置いたなかでは静かな出だしとなりました。
レッドラウダの500万下快勝に喜び、クロッカスSでの完敗に一抹の寂しさを感じた、そんな1月となりました。
そのラウダですが、3/19ファルコンS(G3・芝1400m)への出走を目標に、外厩へ放牧に出ました。番組選択、、、というよりこの距離を使うことについては、出資者の間でも意見が分かれるところですが、音無先生はまだ諦めておりません。私もラウダの可能性を信じようとおもいます。出資者が信じてあげないとね!
1月に出走した他の馬について。期待されるなかで着外が続くシルクのストーミーストームですが、2月末のD1700m出走目標に外厩で調整中です。そろそろ戻ってくる頃だとはおもいますが、次走予定は3月阪神開催にずれ込む可能性もありそうです。ノルマンディーのエンパイアラインは、レース中、飛越時に脚をぶつけて外傷を負ってしまい、5針縫って今は厩舎で経過観察中です。しばらく走れないので外厩に出ることになりますが、今週の最新近況で清水英調教師から「次がラストチャンスのつもりで」というコメントが出ましたし、次走は再び進退をかけたレースになるかもしれません。覚悟しておきたいと思います。

2月は是非とも反転攻勢の月にしたいものです。

ノルマンディー馬名投票結果発表の答え合わせ


私がいかにネーミングセンスが無いか、世間一般の間隔から外れているかは自己認識しているところですが、ノルマンディー馬名総選挙の5択から選ぶ作業において世間からのズレを検証してみたいとおもいます。

26頭中、私の投票した馬名が最多獲得票率だった募集馬
シャトーサウンドの14
ブリュメールの14
キタノシラユリの14
クイックメールの14
サマーロコガールの14
マルカディスティニーの14
タニノジュレップの14
フェリスホイールの14
ビコーガイアの14(ガ○アの夜明けは審査通らんかったか……)

あれ?意外と多かったな。
というよりも中途半端で、これではオチがつけられんではないか‼(怒)

なお、出資馬のキョウエイトルースの14、クイーンナイサーの14に投じた私の清き1票は死票に(泣)。去年の出資馬もそうでした。出資がご一緒の方とシンクロできる日は来るのか...あ、上記の馬に出資すればシンクロになりますね!そんな理由で出資はしませんけどね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。