スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡馬の中長距離路線を担う馬が欲しい・・


レッドラウダが勝ってオープン馬の仲間入り。このまま順調であれば、今春の3歳短距離路線は非常に楽しみです。しかし、人間とは欲深い生き物。今度はこんな欲求に駆られております…


『中距離路線の活躍馬が欲しい!!!!!!』 (求ム牡馬)


どこかにいませんかね?私もその王道路線を避けているわけではありませんが、何しろ出資馬のどこを探しても見当たらず、です。
2012年産だと、シルクのペルセヴェランテ。キンカメ×サンデーの血統馬で、2戦目までは芝2000mを使われ、私の希望したクラシック路線で暴れてくれるものとばかり思っていましたが、レースで掛かって暴れたただけでした(笑)。その燃えやすい気性により、徐々に距離短縮やダート路線へシフトしていきました。そんなことよりも、現在は両脚の骨折で長期休養中のため、いつ競馬場へ戻ってきてくれるか心配な状況に陥っています…。ノルマンディーのジャストフォーユーも、スペシャルウィーク×トニービンの配合から完全に中長距離狙いでしたし、小倉の特別戦(芝2000m)を連闘で3着したときは、ペルセヴェランテに代わって我がファームの王道路線エース襲名か?とざわついた日々もありましたが、ペルセヴェランテよりも、さらに暴れん坊な前向き過ぎる気性のせいで、こちらも同じ道のりを進んでいる最中です(条件替わりでも成績は冴えずですけどね...)。
2013年では、唯一この路線目的で出資したレッドカムラッド。ステイゴールド×サドラーウェルズで、2400m適正に疑いようがなかったのですが...

......うん、能力に疑いありでした(笑)

できることなら、ジャストフォーユーの前向きさを半分わけてあげたいです。そろそろ栗東に戻ってくる頃だけど、どうなることやら…。こんな感じで、2世代はほぼ総崩れ状態です。最期の陣となる今年デビューの2014年産では、同じく東京TCでカムラッドの弟ハートスプリンクルの14が出陣を待っているのですが...なんとも頼りない(笑)。そんなわけで、追加出資1頭は多少気になる箇所があろうとも、中長距離血統の牡馬に狙いを定めようかなとおもいます。また暴れん坊を引いてダート短距離馬になるかもしれんけどね(笑)

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。