スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京TC出資馬1歳近況


年末なのでマッタリと記事書いてます。
東京TCの1歳馬近況が更新されたので記事に。

サビアーレの14 牝
募集価格:2,400万円(1口60,000円) 美浦:木村厩舎
父:ハーツクライ 母の父:capote
※全兄にカポーティスター(日経新春杯)
馬体重:466Kg(募集時)→489kg(先月)→480kg
サビアーレの14_20151229
現在、週4日は屋内周回コース1800mを軽めキャンターで乗り込み、週2日は屋内坂路コース800mをハロン17~18秒のペースで登坂しています。移動が遅かった本馬ですが、体力がしっかりと付いてきたため、調教メニューは移動の早かったグループと同じ内容で取り組んでいます。馬体は全体的に筋肉が付いてきており、見栄えのする体つきです。前進気勢の強い面があり、坂路調教では現在のペースでも手応えには十分な余裕があります。現時点でもスピードとパワーは水準以上の素質を感じさせますので、馬体の成長を促しつつ調教のペースを上げていきたいと思います。
*********************************************
( ゚Д゚)<調教ペース、早い組に追いついちゃいましたね。馬体重についても、今の感じなら丁度よいサイズになりそうですし、今のところはとても順調のようです。

ハートスプリンクルの14 牡
募集価格:2,000万円(1口50,000円) 栗東:昆厩舎
父:ルーラーシップ 母の父:Sadler's Wells
※半兄にレッドカムラッド(3戦して最下位2回)
馬体重:432kg(募集時)→:444kg(先月)→458kg
ハートスプリンクルの14_20151229
全体に子供っぽいところは残していますが、調教にいけば軽快に動けていますし、先日の写真撮影時にも落ち着いて臨めていたように、日ごと精神面でも大人になってきたのかなと思いますね。腰高ですからこれからの成長も大きいと思いますし、血統的にも早熟タイプということはないでしょうから、じっくり育てていきたいと思います
*********************************************
( ゚Д゚)<マシン運動30分、常歩2000m、速歩800m、ハッキング1600~2400m、週2回坂路800m(F25)。胴が詰まり気味なので、もう少し幅が出てきてほしいところ。

サビアーレの14をどうしても贔屓目に見てしまいますが、ハートスプリンクル兄弟のようなオーナー縁のコテコテ欧州系血統馬からも活躍馬が出てくれれば、東京TCも盛り上がってくるんですけどね(様子見できなくなるのは困るけど)

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

スポンサーサイト

シルク2015 第1回追加募集馬


本日、雪で覆われた北海道の我が家にもシルク会報&追加募集馬のカタログが届いたので簡単にレビューしたいとおもいます。あ、いつものように動画は見てません。それにお金ないので欲しくても買えません(笑)。なお、2世代で計3頭のシルク外国産馬に出資している私(様子見してると追加募集馬しか残ってない…)。結果を残しているとはいえない状況でもあり、今年度の外国産への出資は自重しようと思っているのですが、どうなることやら…

ブルーグラスサラの14 牡
父:Blame 母の父:Tabasco Cat
美浦 牧厩舎 募集価格:2,800万円(1口56,000円)
体高:157.0cm 胸囲:180.0cm 管囲:20.0cm 馬体重:466kg
母年齢:13歳

アブソルートミュージックの14 牡
父:Fastnet Rock 母の父:Consolidator
栗東 石坂厩舎 募集価格:3,500万円(1口70,000円)
体高:153.0cm 胸囲:180.5cm 管囲:20.2cm 馬体重:455kg
母年齢:7歳

ブルーグラスサラの14は米国産なのに芝の長距離向き。対して、アブソルートミュージックの14は欧州産なのにダート短距離向きというカタログの診断が少し面白い。人気はお値段が高くても後者なのでしょうか。厩舎と母年齢の可能性の観点からみて。馬体もトモ容積の大きさが素晴らしいです。これだけ立派なら、勝ち上がりの確実性は高い感じがします。でもやっぱり高いかな...私の好みはブルーグラスサラの14のほうです。入厩予定の牧先生は出資馬ブランデーグラスを勝ち上がらせてくれて好感を持っていますし、どうせなら芝の長距離路線で夢を見たいです…芝がさっぱりでも、アリダーのクロスがあるので、ダートでも潰しがききそうなのも加点材料です。母の実績があまり芳しくないのであまり売れないでしょう。それにしても、archの系統多いなあ。これで何頭目の募集だろう。ファルブラヴ産駒5頭募集といい、募集馬の偏り大きいよね(笑)

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

2015年4Q成績


今年の成績を振り返ってみたいとおもいます。

■4Q単体
17戦1勝 (1、0、3、1、2・・・10) 勝率0.058 掲示板率0.412
獲得賞金 1,995万円 (本賞金+付加賞)

今節は未勝利で終える覚悟でしたが、最後の出走だったオルレアンローズがメイクデビューを勝ってくれたおかげで、ボウズは回避することができました。あとはレッドラウダの京王杯2Sの4着が光りますね。他は全体的に厳しい結果となりました。これを受けての通年成績はどうなったかというと...

■4Q成績概要(4Q成績、年間目標、進捗率)
出走数 58(50、116%)
勝利数 8(12、66%)
勝率 0.138(設定無し)
連対数 9(設定無し)
掲示板率 0.345(設定無し)
獲得賞金 7,376万円(1億円、74%)

ほぼ未達です。年間12勝は少し欲張りましたが、それでも2桁の10勝は勝ちたかったですね。それと、連対数と掲示板率が低すぎます。基本的に同じ戦力で戦うのですから、いきなり大幅な改善が成されることはないのですが、今年度がワーストの成績になるよう、出資馬選定の向上を図っていきたいと思います。最後に3賞とオマケの発表です(相撲?)。

<敢闘賞>
レッドラウダ(5戦1勝)
我がファーム唯一の活躍馬といっていいでしょう。果敢に重賞に挑戦し、G3小倉2歳Sを3着、G2京王杯2歳Sを4着と、ともに人気以上の好走で私を楽しませてくれました。来年は500万下条件を1発でクリアし、再度重賞戦線にチャレンジして欲しいとおもいます。音無先生は芝ダートどちらの路線を選ぶのか?にも注目です。

<殊勲賞>
ラダームブランシェ(2戦1勝)
未勝利戦なので殊勲といえるかですが…順調さを欠いて3歳5月デビュー。正直、未勝利引退を半ば覚悟していたのですが、福島の未勝利戦で12番人気(オッズ77.8倍)からまさかの激走で勝ち上がり。ビワハイジ牝系という良血の底力を改めて思いしりました。レース後に再度の骨折が判明して現在療養中ですが、古馬になって健康面の向上が見られれば、500万条件でも活躍は見込めるんじゃないかとおもいます。まずは1日も早い怪我からの復帰ですね。

<技能賞>
エンパイアライン(9戦0勝)
未勝利引退でサヨウナラ...とおもいきや、障害転向の技能を習得し、いまだ中央現役で活躍中(いや、活躍はしてないなw)。そんな展開もあるのか...と勉強させて頂きました。使い込んでカチコチになっていましたが、近況みると大分体調が戻ってきたようです。道南森町生まれ。少しでも長く現役を続けて欲しい。

<最多出走賞>
ジャストフォーユー(11戦1勝)
11戦ですか。良く走りました...小倉での連闘もあり、今となっては無謀すぎた弥生賞の挑戦もあり。戦績はだいぶ汚れてしまい現在迷走中ですが、なんとか復活のきっかけをつかんでほしいとおもいます。

<もっと頑張りま賞>
レッドカムラッド(3戦0勝)
栗東坂路で52秒台。かなり期待しましたし、やれるという感触があったのですが、ここまで3戦してビリが2回。今世代の既デビュー東京TC募集馬では最低の成績といっていいでしょう。長いこと遠野で成長を促しています。やる気さえ出してくれればもっとやれると信じています…

色々ボヤいてはおりますが、どの馬にも良く走ってくれたなあと感謝しています。来年の今頃は、もっと景気のよい記事が書けることを祈って1年を締めたいとおもいます。

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

東京TC 競走馬名応募


あれ!? 『下町ロケット』最終回に、吉田類が出演してませんでした!?

放浪記

東京TC残口馬の記事を書いていて、ふと馬名応募してたのを思い出しました。シルク馬名応募も記事にしたし、こちらも、ということで。私の出資馬はこの2頭です。
サビアーレの14
ハートスプリンクルの14
東京TCの場合、1頭に対して複数の馬名を応募することが可能ですが、私は各々2パターンを申込しました。冠名には賛否両論あるとおもいますが、私は嫌いじゃないですよ。馬柱を見て東京TCの馬だってすぐにわかるし(たまーに、レッドカーペットのようなトラップが潜んでいるときあり)。文字数の制約は大きいので、由来も大事ですが、『レッド』と組み合わせたときの語感がより重視されるのではないかと勝手に考えています。

今期の出資で1番思い入れのありますサビアーレの14は、私しては珍しく命名意欲が沸いておりました。結構悩みましたけど、しかしながら思いつかない。母サビアーレは伊語で「砂を撒く人」という意味だそうです......「砂かけ婆」しか思いつきません(笑)。もしくは冬の雪国で道路に砂を撒いてるオヤジ(笑)。歴代の女傑に肩を並べる存在になって欲しいという願いを込めて、砂漠の国の女王で1つ、歴史上有名な女性戦士で1つ応募しています。
ハートスプリンクルの14はそんなに悩まずにさらっと決まりました。母は「愛をふりまく」という意味のようなので、「愛嬌」の意味で語感が良さそうなの1つ、父ルーラーシップからの連想で「支配」という意味のを1つ応募しています。安易過ぎるので駄目でしょう。なので情報多めに公開しています(笑)

サビアーレの14は気にして結果を待ちたいとおもいます。

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

東京TC残口馬で気になる馬(12月)


久々に東京TCの募集馬情報を除いてみたのですが…見事なくらい1か月前と残口情報が一緒でした(笑)。イタリアンレッドの14(父ハービンジャー)が満口間近(50口以上100口未満)、他の募集中馬は全て100口以上の警報無し。安心して様子見できそうです。今月はこの馬を取り上げたいとおもいます。

サンクスアロットの14_201511
サンクスアロットの14 牡馬
募集価格2,000万円(1口50,000円) 美浦:戸田厩舎
父:キングズベスト 母の父:サンデーサイレンス 母年齢10歳
馬体重:452kg 管囲:19.7cm 在厩先:社台ファーム

馬体重は出資基準を満たしておらず、今すぐどうこうはないのですが、昨年のレッドラウダに続く社台ファーム提供の牡馬で2匹目のドジョウ狙いです。ただ、兄姉の戦績を眺めると非常に手を出しにくい。父チチカスで社台HR募集のお姉さんは中央未勝利、父ジャンポケで照哉氏所有のお兄さんも中央未勝利、次のお姉さんに至っては父コンデュイットとなり、もちろん中央未勝利。これからデビューを迎える父キンカメのお兄さんの走りに注目といったところです(馬主は照哉氏)。期待されていた繁殖だとおもうのですが、東京TCに卸され、見限られたとも?バランスは良く私好みの馬体ですが、若干トモが寂しい気もします。なんだかネガティブなことばかり書いていますが、12月の最新動画では「前進気勢」、「前向き」のコメントが出ていましたし、嵌れば一発ありそうな血統でもあるとおもいますので、今後の成長に注視していきたいとおもいます。

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

シルク残口馬で気になる馬(12月)


先週のシルク第2回募集馬検討会を視聴したブロガー様の記事を徘徊させて頂いた限りでは
ターシャズスターの14
レースドールの14
2頭の評価が総じて高かったようです。前者は坂路を登板する迫力が半端なく、後者は坂路で既に16秒を切っており、早い成長過程と、フェアリードール系で、ワークフォースの成功パターンかもしれないヌレイエフクロスがあるとことが良いですね。私も先ほど、先入観ありありで検討会を視聴しました。私の出資馬でありますゴールドティアラの14も議題で触れられていましたが、NF側の出席者から「売れ残っているのは異常事態」という発言が出ていました。母の現役・繁殖成績と今期2歳戦で大活躍のダイワメジャー産駒ということを考えても、私も同意です。馬自体が駄目というほか理由が見いだせないのですが、どうなんでしょうか?脱線しましたが、この検討会を視聴して気になった馬は…

ターシャズスターの14_201512
ターシャズスターの14です(笑)。皆さんが凄いと評価した馬がいれば、そちらに流れてしまいますよ、独自の力だけで馬を見る自信はありません…
募集時は、斎藤誠厩舎と血統が魅力的も、確か馬体重が540kgと超大型だったことと、牝馬で募集価格が3000万円(1口60,000円)と私が手を出したことのない高額から見向きもしませんでしたが、現在は516kgと幾らかシャープな体つきになっておりますし、何より動きの良さは気になります。でもやっぱり高い…この馬に牝馬の過去最高出資額を出せるかと言われれば否です。せめてピュアウィッシーズと同額くらいじゃないとおいそれと手が出せないです。貧乏人は辛いです(笑)

シルクで気になる馬…あまりいないのですよ。追加募集の外国産馬に期待ですね。って、既に発表されてた(笑)

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

飛越はなかなか上手だった模様


プルーヴダモール(♀3歳)
12/20中京4R障害未勝利[障3,000m]
馬体重:420kg(-10kg)
9番人気 結果:8着
プルーヴダモール20151220
気持ちよく行き過ぎたのか、2週目の3コーナー手前あたりで下がっていきましたけど、最後の直線で何頭か追い抜きましたし、ビリかブービーの戦績がずっと続いていた近況と比べれば、今日の結果はかなり改善されたといって良いのではないでしょうか。これで競馬は嫌やものじゃないんだと、ダモールが感じ取ってくれればいいなあとおもいます。
馬体はふっくりするどころか、デビュー来最少を更新でした。ここにはガッカリしたものですが、ストレスや飼葉食い落ちなのか、先生のコメントを早く聞いてみたいです。

オルレアンローズ(デビュー戦1着)は別記事にしたので省略します。

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

オルレアンローズ優勝で連敗地獄脱出‼


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

これ使うの4ヶ月ぶりです(笑)。勝利の味は格別ですね‼
chibi-snow-dragon.jpgオルレアンローズ(♀2歳新馬)
12/20中山5R2歳新馬[芝1600m]江田照騎手
馬体重:472kg
1番人気 結果:1着
オルレアンローズ733bb82a
(一緒に写っているおっさんは高木調教師)

江田照騎手「調教で跨った時から感じていましたが、とても前向きで素直な馬ですね。ただ、テンションが高くなる傾向があったので、その点だけ心配していたのですが本番では落ち着いて臨むことができました。まだ全体的に緩いので、これからトモに力がついてくることを考えるとこの先が本当に楽しみです。距離はもう少し延ばしても問題なさそうですが、スピードが勝っているので現時点ではマイルがベストの印象です」

連敗を抱えたままの年越しを覚悟していたのに、まさか勝つとは…。
やってくれたな‼(いい意味で)
2013年産の出資馬で、実は1番期待度が低かったのが本馬でした。調教時計も並だったし、口向き悪いとかなんとか良いコメントが聞こえてこなかったし、なにより思い描いた自分好みの馬体バランスになってくれず、マイネルホウオウのみの一発屋なのかも…と。なのでレース前は弱気な発言で、惨敗しても自分が傷つかないよう予防線を張っておいたのです。相手に恵まれたことは事実かもしれませんが、かなりの支持を頂いた1番人気(単勝2.8倍)に応え、見事に勝利してくれました。
同時に、私は本当に馬を見る眼が皆無なんだと本日再認識させられました…。この世代ノルマンディーでの出資は2頭でしたが、その2頭とも勝ち上がってくれ、ホッとしております。私が悪いわけではありませんが、他のノルマンディー会員のみなさん、ごめんなさい(笑)

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

障害馬2頭持ちになる


今週は(も)、出資馬の連敗が増える覚悟はしておこう。

<今週の出走予定馬>
chibi-melissa.jpgオルレアンローズ(♀2歳新馬)
父:ベーカバド 母の父:フレンチデピュティ
※兄にマイネルホウオウ(NHKマイルC)
12/20中山5R2歳新馬[芝1600m]江田照騎手

調教:12/13美南坂60.2-44.5-28.9-14.1[馬なり]
12/16美南坂58.7-43.0-28.1-13.9[馬なり]
高木登調教師「最終追い切りは時計的に目立つものではありませんでしたが、一番時計でも56秒台と時計の掛かる馬場状態ですので上々と言えるでしょう。良血馬らしく走りや動きからは能力を感じさせてくれます。まだ若さがあり、色々と課題も残りますので経験を積みながら競馬に慣らしていきたいですね。現状は乗り難しい面があるだけにジョッキーに事前に乗ってもらっておいたのは良かったと思います。初戦なので競馬に行ってどんな走りを見せるのかしっかりと見ておきたいですね」
デビュー戦なのに、なぜかいつものワクワク感がないです。それは、牧場や美浦トレセンでの調教過程から、初戦からいきなり勝負うんぬん語れる感じではなかったから。牧雄さんもメルマガで「初戦向きじゃない」と語っていますし、まずは変な癖も出さず、格好のつくレースをしてくれれば十分満足です。

chibi-silk-earnest.jpgプルーヴダモール(♀3歳)
12/20中京4R障害未勝利[障3,000m]森一馬騎手

本当に障害戦デビューまで進んでしまいました。出資馬で現役障害馬は他にエンパイアラインがおります。2頭持ちってかなり珍しいですよね。障害専用1口馬主になってしまうかもしれない(笑)。しがらきから出た途端に体調を崩すこと多数、10日競馬の策も実らず、「リフレッシュ効果を狙って」と西園先生が取り入れた障害調教ですが、ここまではうまく調整できたようで、馬も落ち着いており、懸念の食欲減衰による馬体減少も飼葉を食べて維持できているみたいです。で、飛越も問題ないし馬の状態も良いので障害戦に出走させることになりました。500万下の条件馬に対し、手元に置いてここまで状態を持ってきてくれた西園先生には感謝ですね。今後、西園厩舎の募集馬があれば検討に乗せさせていただきます(笑)。あとは競馬場行っても落ち着いてくれれば…。無事にゴールして欲しいとおもいます。

来週の出資馬の出走予定はないので、今週末が私の1年の締めくくりになります。来年は飛躍できるよう、少しでも希望の持てる結果になって欲しいけど、いかに…

※情報については、シルクホースクラブ、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

ノルマンディー残口馬で気になる馬(12月)


ネタに困ったときはこれでごまかす(笑)
フェリスホイールの14も気になるのですが(考えていたよりも人気で、既に半分以上売れている)、アチラはまだ近況が出ていないため、先月に引き続きこちらの馬で。

タマヒカルの14_20151130
タマヒカルの14 牡馬
募集価格:1,040万円(1口26,000円) 栗東:中竹厩舎
父:ショウナンカンプ 母の父:パラダイスクリーク 母年齢12歳
馬体重:540kg
担当者「先月ご紹介したベテランスタッフだけではなく、本馬に跨った騎乗者が一様に高く評価しており、スタッフの中で密かに人気を集めている1頭です。しなやかさと力強さを兼備したフットワークは魅力的で将来は短距離戦を舞台に活躍を見せてくれることでしょう。今後もじっくりと乗り込みながら基礎を固めていく予定です」

今週も威勢の良いコメントです(笑)。三冠馬をはじめ、数々の名馬を知るベテランスタッフ。彼だけでなく、タマヒカルの14に跨ったスタッフ誰もが高評価のようです。って本当なんですかね?これで変なフラグ立ってなきゃいいんですけどねえ.....馬体バランスはさほど良くは映りませんし、馬体重は540kgまで増えており懸念材料だとおもうので、しばらくは買い手もつかず様子見できるでしょう。

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。