スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とはいえ現状で気になる馬


昨日の記事からの続きです。
しばらくダンマリを決め込むわけですが、それでも現段階で気になる馬は何頭かおりますので、私が入会している3クラブから1頭づつピックアップしたいとおもいます。なお、追加出資の目安となる測尺は従来どおり
1 馬体重の下限値は育成段階で牡馬470kg以上、牝馬450kg以上
2 馬体重上限は530kgを超えてきそうな、もしくは既に超えている馬は割引
3 管囲19.5cm以上
とします。ウォリアーズクロス(ダッツクールの13)で2を、ピュアウッィシーズ(ミリオンウッィシーズの13)で3を遵守できていなかったような気もしますが・・

<ノルマンディー>
タマヒカルの14_20151030
タマヒカルの14 牡馬
募集価格:1,040万円(1口26,000円) 栗東:中竹厩舎
父:ショウナンカンプ 母の父:パラダイスクリーク 母年齢12歳
馬体重:526kg 管囲:21.5cm
担当者「既に500キロを超す雄大な馬格を誇りますが、重苦しさは微塵も感じさせません。柔軟性があり、しなやかで力強いフットワークは魅力に満ちあふれています。三冠馬をはじめ幾多の名馬の背中を知るベテランは「性格は素直だし、乗り味が良いです。柔らかい上にパワーもあって現状では課題らしい課題はありません。太く見えますが、動きは軽快です」と本馬にゾッコンです」
・・・2015世代のノルマンディーではNo.1ではないでしょうか。最新の販促コメントの盛り方ですけど(笑)。「ベテランの担当者が惚れ込む」は以前に私が「どーでもいいですよー的ワード」に指定しており、こんな言葉では騙されるかい!現状で526kgあり、更に大きくなりそうな馬体の構成。さらに後ろが勝ちすぎてバランスはあまり良くみせないのですが、なんだか気になる1頭です。

<シルク>
該当馬無し。ジェシカの14にする予定でしたが、既に満口警報が出てしまっては完売濃厚なので止めました。もう一方のファルブラヴ産駒のゴールドポイントの14が次点ですけど、移動で馬体重を大きく減らし目安までは遠のいてしまったのでひとまずは保留にしたいとおもいます。天栄利用組でもあるし行きづらいわ・・

<東京TC>
ステージヴァージンの14_201510
ステージヴァージンの14 牝馬
募集価格1,200万円(1口30,000円) 栗東:石坂厩舎
父:ゼンノロブロイ 母の父:トニービン 母年齢15歳
馬体重:468kg 管囲:19.5cm 在厩先:ノーザンファーム空港
担当スタッフ「皮膚炎などがあって入場が遅れましたが、早来ファームの方で乗り馴らしなども進めていたので、この後はトレッドミルも開始できそうです。気の強そうなところはありますが、扱いづらいということはありません。馬体の状態も良さそうです」
先行募集でも候補に挙げていました。馬体派の方からは概ね高評価でしたから、この厩舎と価格をあわせて即満口もあるかと考えていたのですが、ここまで警報は出てないのは意外という感じ。しかし様子見の方は多いはずなので、警報が出ればアッサリもあるかもしれないと踏んでいます。売れていない要因の1つは母の産駒成績でしょう。産駒はセレクトセールでなかなかの値段がついており期待度は高かったとおもうのですが、6頭で中央勝ちが2頭、うち2勝馬が1頭と芳しくない戦績です。更新写真も私にはそんなに良くは見えなかったので、来年まで売れ残りそうかな・・・・

シルクは仮にゴールドポイントの14(1口30,000円)として、この3頭なら残り予算で問題なく出資できます。決めつけはしませんが、追加出資は募集価格が1000万円台の馬からになりそうかな~

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブ、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。