スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京TC残口馬で気になる馬(5月)

気になる残口馬シリーズ、5月の最後を飾るのは、良くも悪くもマターリクラブの東京TCです(*1)。様子見中だったリアリーハッピーの13(レッドアマビリス ) は、GW期間中に満口となって、様子見学園を無事に卒業しました。牝馬で1口7万円と高めの価格が見送った第1要因です。春先に急成長した馬体に後ろ髪を引かれつつ。。

*1 何頭かは怪我等で、調教動画ではなく常歩動画なのが残念

ダラバンカの13 (レッドラスター)
牡 美浦・尾関厩舎
父キングカメハメハ 母の父In the Wings
募集価格 2,800万円(1口70,000円)
在厩先:ファンタストクラブ 
<4月更新写真>
レッドラスター20150430
<15/04/30>
調教内容:週2回は坂路コースで17-16-15
「余裕を持って動けていますし、疲れも見せていません。調整過程においては何ら不安はないですね。馬体も日ごと牡馬らしい逞しい体に変わってきていますし、バランスも良くなっていると思います。精神的に大人なところはそのままに、男馬らしい元気なところも出てきて、心身ともに良い成長を見せてくれていますよ。」
<15/05/15>
調教内容:週2回は坂路コース。そのうち週1回は15-15 馬体重456キロ
「ここにきて気持ちにピリッとしたところが出てきて、稽古でも以前より前向きさが出ています。まだ体は完成形ではありませんが、首さしが伸びてトモにも力強さが出て前後のバランスが良くなってきました。それに伴い馬自身が走りやすさを感じているのか動きも滑らかになっています。あとはもう少し胴が伸びてくればなおいいのではないでしょうか。」
*********************************************
満口警報、なかなか出ませんね~。全兄が未勝利引退で、非社台/非ノーザン系に変わったといっても、ここまで売れないもんですかね?じっくり様子見できると喜んでいいのかな?いやいや。本馬はバカ売れの予感がヒシヒシと感じますよ。動画の動きは、今の私には問題なくというか、全身を使った動きができており、良く映りました。だんだんバランスの良い馬体になってきましたが、近況コメのとおり、もっと幅が出てほしいですね。あと20Kg以上馬体が増えてくれれば・・・
*********************************************


フサイチミニヨンの13( レッドバルトーク)
牡 美浦・大竹厩舎
父ジャングルポケット 母の父サンデーサイレンス
募集価格 2,400万円(1口60,000円)
在厩先:ノーザンファーム空港 
<4月更新写真>
レッドバルトーク20150430
<15/04/30>
調教内容:週1回は坂路コースで17-17 450キロ
「胃潰瘍自体は軽度のもので、治療後すぐに食も戻り、中間からトレッドミルを経て坂路入りも再開しています。線が細く見えるのは体型的なものもありますし、後はこの体重を乗りながら維持していければいいですね。動きは変わらず軽快で好感が持てますよ。」
<15/05/15>
調教内容:週2回は坂路コースで17-16 馬体重448キロ
「潰瘍の方も良化傾向にありますので、5月に入ってから坂路を2本に増やしました。2週乗ってみても体は減らしていませんし、このまま進めていきたいと思います。動きは変わらず素軽く良好ですね。潰瘍のこともありますし、まだ速いところにいく段階ではないので、当面は現行のメニューでじっくりの方向です。普段の所作や動きから走る素質は高いと見ていますし、成長を促しながら良い面を引き出してやりたいですね。」
*********************************************
馬体重は楽させた分増えたって感じですね。胃潰瘍もそうですが、あまり丈夫そうな感じはしませんので、この厩舎を加味して、どこまで妥協できるかですかね~。この馬体重では手が出せませんので、引き続き条件付きの様子見です。
*********************************************

これで気になる残口馬シリーズの5月編も終了しました。様子見し過ぎて出資の機会を逃すのもいかんなーと反省しており、もしかしたら、既にいずれかのクラブで、何かをポチってるかもしれませんよ。それはまた別の記事で。。。

※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております


たまーにポチって頂ければ・・・
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ




スポンサーサイト

(逆)連対数は増えたけど・・・

週末にこじらせた風邪の影響で、競馬場には出向かずおとなしくしてました。葛根湯が全く効かない・・・

プルーヴダモール(3歳500万下)
5/24 京都6R500万下 牝・芝1,600m(岩崎騎手)
13番人気 結果:14着(最下位)
岩崎騎手「すごく入れ込んでいると言う訳ではありませんが、気持ちが高ぶっているのがこちらに伝わってきました。道中は聞いていたよりスムーズに走ってくれましたが、力んで走っている分、最後は脚が上がってしまいました。もう少しリラックスして走ってくれると距離は持つかもしれませんが、気性面を考えると短い方が良さそうですね」
****************************************
3コーナーでは既に手応えが怪しく、4コーナーではズルズル後退、という良く見かける光景に、なんだか免疫力がついてきた今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?「馬体は維持してくれている」という直前コメントをよそに、馬体重は前走よりさらにマイナスで、過去最少の430キロ。後出しですが、本馬の場合は速い追い切りは1本余計だった感じがしますね。10日競馬も効果が見えず、先の見通しは暗めです。西園先生、この結果ではすぐ競馬に使ってくれないだろうなあ。放置放牧はイヤだけど、このまま入厩させたら更にひどくなりそうだし・・・対策はプロのみなさんがしっかり考えてくれるでしょうけど、馬自身の気持ちが変わってくれないと難しいのかも・・

さて、今回の結果で、五右衛門ファームが記録した最下位・ブービーのいわゆる「逆連対数」がまた増えたわけですが、なにげに多いんじゃないの?と気になったので調べてみました。対象馬は4頭おりました。

プルーブダモール 4戦3逆連対(最下位1、ブービー2)
ファルブナイト 7戦2逆連対(最下位1、ブービー1)
エンパイアライン 9戦1逆連対(ブービー1)
ジャストフォーユー 8戦4逆連対(最下位3、ビービー1)

逆連対数は10ですか。連対数の8より多いわけだから、そりゃあ免疫力もつきますね。私が掲げております四半期ごとの目標には、脱2桁着順より先に、脱逆連対が必要みたいですね・・・

プルーヴダモール新馬戦優勝2014
(今にして思えば、新馬戦は良く勝ったよ・・・)

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております



たまーにポチって頂ければ・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。