スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルマンディー残口馬で気になる馬(4月)

ダービー卿CTのモーリスは想像以上の強さでしたね~。馬の成長もあるでしょうが、堀厩舎への転厩も大きいですね。堀先生と嫌でも比較されて、転厩元の吉○直先生も可愛そうですが・・・さて、産駒の活躍により、モーリスの父スクリーンヒーローの評価がここにきて更に高まっていますね。繋養先はレックススタッドですから、2014年産はノルマンディーでも募集されるのかな?と気になり、岡田スタッドの生産馬を調べてみたのですが、たったの2頭しかいない・・代わりにマツリダゴッホとアイルハヴアナザーの産駒が多いこと、多いこと・・スクリーンヒーロとマツリダゴッホの産駒数が逆だったら、「牧雄さんGJ!先見性SUGEEEEEE!」なんですけどねえー。牧雄さんもノルマンディー会員も1年機会損失しちゃったんじゃないの~?そんな気持ちです。

ノルマンディーの話題が出ましたので今日は予定を変更し、3/E~4/Fにかけ、各クラブの募集馬の近況と写真が更新されたことを踏まえ、ノルマンディー残口馬で気になる馬を紹介していきたいとおもいます。先月の3頭から2頭に絞りました。奇しくも、スタッフブログで早期入厩が期待される馬として紹介された2頭です。
その馬とは・・・

ズブロッカの13
馬名:ブランデーグラス
英名:Brandy Glass
意味:ブランデー用のグラス。父名、母名からの連想
牡 美浦・牧厩舎
父オレハマッテルゼ
母の父アグネスデジタル
募集価格 1,200万円(1口30,000円)
在厩先:ノルマンディーファーム 463キロ
<3月更新写真>
ブランデーグラス20150331
・飛節の造りが好み
・母はウオッカの半妹
・気持ちが前向きのコメント○
貴重なオレハマッテルゼ産駒。父と母父の影響で、芝ダート兼用の短距離馬になりそうですが、マイルは充分こなせそう。成長もノルマンディーの中では早そうに見えるし、早期デビューもできそうな感じ。牧厩舎も地味ながら4年連続25勝してるし安心感があります。出資基準の馬体重(470キロ以上)まであともう少し。

・・・という3月の評価でしたが、4月も評価に変化なく、そのまま転載します。「良質で繊細な筋肉を纏っており、スピード感溢れる軽快な動きはとても魅力的で、期待は一段と高まってきました。ここまでの調整過程から早期始動にも対応できると判断しており、早ければ来週にも小野町へ移動させる予定です」とのことで、レースに使って仕上げていく傾向のノルマンディーの早期デビューってそんなに魅力は無いのですが(汗)、遅いよりはいいですからね。馬体も完成度が高いからだとおもいますが、バランスの良い体型に見えますよ、相馬眼が皆無の小生には(笑)。販促コメントは話半分で聞かないといけませんが、スピード感溢れるってのもいいですね。。あと、「前向き」コメントは小生、結構重要視しておりまして、出資馬のジャストフォーユーとレッドリーガルにも「「前向き」コメントが出てたんですよね~ちなみに、小生は超後ろ向きな性格ですけど(笑)遅生まれですが、馬体重はこれからそんなに増えないかもしれませんね。でも、このくらいあればギリギリ合格ライン出してもいいかな。うーん、何か安馬枠はほぼ決まってしまった感じがします。


クイックメールの13
馬名: パラヴィオン
英名: Par Avion
意味: 航空便・エアメール(仏)。父名、母名より連想
牝 美浦・国枝厩舎
父マツリダゴッホ
母の父タイキシャトル
募集価格 960万円(1口24,000円)
在厩先:オカダスタッド 456キロ
<3月更新写真>
パラヴィオン20150331
1つ上のワインシャワー(父ヨハネスブルブ)が3歳500万下を勝ち上がりました。母自身が3勝、初仔が早くも2勝目を挙げ、母はコンスタントに活躍馬を出してくれそうな雰囲気がありますよ。本馬の信頼感も高まりました。そしてPicotさんの推奨馬なので心強い。ただ、私が気にしてるのが、母も兄もダート勝ちしかなく、どちらかといえば芝向きのマツリダゴッホ産駒はアンマッチじゃないかということですね。その分もあって2番手評価となっています。

先月様子見馬に挙げていたザッツザウェイの13は、今月は何かピンと来なかった(相馬眼皆無なので・・感覚的でスミマセン)、この世代はステゴ産駒に2頭出資済で、似たような血統に偏るのを防ぐこともありランク外に評価を下げました。次点は、クラックコードの13。冬毛が抜けた最新の写真はトモも立派で良く見えるが、田島厩舎が未知数で・・、出資馬ラダームブランシェの預託先でもあるので、そこで実力を見極めてからの本格検討かと。もう1頭あげるとすれば、キョウエイワンダーの13ですね。募集直後はトモも立派に見えて小生は上位評価をしていました。いかんせん、父コンデュイットは不安。スピード不足な産駒が圧倒的に多いけど、本馬は母父SSとミスプロクロスでスピードを補う配合になっているので、いちるの望みはあります。でもでも、母高齢で、当たりは半兄カラダレジェンドで既に出てしまってる感あり・・です。

今日の記事は疲れた。もうすぐ明日じゃん・・今度から長文は下書きしてから更新しよう・・

※情報については、ノルマンディーオーナーズクラブから転載許可を得て掲載しております。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。