スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【出資馬近況】 '15/2/25

☆ウィズレヴェランス(3歳500万下)

<最新情報>
トレセン診療所から退院の許可が出たため、24(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。

無事に退院できました。しばらく天栄で様子見て、来月中に北海道に移動かな。それまでは天栄スタッフの方はケアを宜しくです。


☆レッドリーガル(3歳500万下)

(笹田厩舎→ノーザンファームしがらき)
笹田調教師「昨日(火)ノーザンファームしがらきに移動しました。レース後もカイバはガツガツ食べていたようですし、ダメージはそれほどなかったと思います。まずはリフレッシュしてもらいたいですね。それにしても今回のレース内容は完璧だったと思います。外枠が良かったこともあるとは思いますが、砂をかぶらずスムーズに先行してきっちりですからね。3コーナーでこれは勝つなと安心して見ていられました。ただ、レース後A.シュタルケ騎手が、4コーナーで仕掛けた時にノドが鳴っていたように感じたと話していたとのこと。今後どこかのタイミングで検査することになると思います。馬体も見てもまだ成長途上ですし、今後は5月頃のレースを目標に進めていこうと考えています」

1つ勝てましたし、成長を促すためにしがらきへ移動しています。夏の北海道シリーズをピークに持っていくように調整して頂けることを妄想しています(できれば函館!出走するならあわせて帰省しよっかな・・)

しかし、、、調教師コメにあるノドの事。ノドの病気といえば、ハーツクライが引退に追い込まれた喘鳴症(喉鳴り)や、ペルシャザールの菊花賞凡走時に大きな話題となったDDSP。状況から察するに、喉鳴りのような大きな病気でないとおもうのですが、心配です。ウイズレヴェランスが大怪我したばかりなのに、リーガルも戦線離脱なんて寂しすぎます。本当に軽傷であってほしいですし、治療が必要ならな、この休みの間にしっかり治し、万全の体調で復帰して欲しいですね。


※情報については、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。