スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドリーガル ダートで勝ち上がり

<今週の結果>
☆レッドリーガル(東サラ)
2月22日(日)
京都3R 未勝利 ダ1400m シュタルケ
2番人気 結果:1着

レース後コメント シュタルケ騎手
「外枠でしたがスタートをしっかり決められたので、うまく流れに乗ることが出来ましたし、砂を被ることもなくスムーズに運べました。非常に乗りやすい馬なので、道中は馬の気分で行かせましたが、追ってからも良い反応をしていましたし、今日は完勝ですよ。この後は砂を被った時にどういった走りをするかが鍵になりますが、そういった場面でもしっかり走らせることができれば、力のある馬なので楽しみですね」

浜中騎手の助言どおり、D1400mですぐに勝ち上がってくれました。
理想の外枠を引き、道中は砂の被らない外側の好位を進めることができました。距離短縮で前に付けられるかやや不安がありましたが、杞憂に終わりました。抽選通過、大外枠、強敵不在と今回は色々と運に恵まれましたが、運も実力のうちと言いますからね。

出資馬の中でも期待上位の馬だったので、1つ勝ててホッとしました。次もダートかとおもいますが、個人的には芝の中距離でこその馬だと妄想しています。パワータイプだとおもいますので、京都の軽い馬場は向かないかもしれないけど、北海道の洋芝や中京芝はピッタリじゃないかなあ。


※情報については、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております。

スポンサーサイト

久しぶりの東京競馬場

フェブラリーS観戦のため、午後から東京競馬場に行ってきました。

9RのヒヤシンスSには、シルク募集馬が2頭出走していたので、パドックで確認してきました。
DSC_0008.jpg
☆プレシャスルージュ 
(父キングカメハメハ) 牡4,000万円 音無

DSC_0003.jpg
☆ワンダフルラスター
(父Tiz Wonderful) 牡3,000万円 音無

2頭とも残念な結果でしたね。人気もそこそこだったので応援馬券を買いましたが、駄目でした。。

DSC_0009.jpg

勝馬のゴールデンバローズ(父Tapit )。北米No.1種牡馬のタピット産駒ですか。この馬強いですね。春は芝路線に戻すのかな?今年の堀厩舎の牡馬は豊作ですね。ウィズレヴェランスもその一翼を担うはずったのになぁ。。。

DSC_0015.jpg

東京最終の金蹄S(D2100m)にもシルクのヴォルケンクランツが出走していましたが、こちらも残念な結果(9着)に。

今日のシルク応援馬券は不発でしたが、小倉大賞典とフェブラリーSの馬券は的中したため、プラスでの帰路となりました。今開催の東京では出資馬の出走がなく若干の寂しさがありましたので、春開催ではバリバリ走る姿を見たいものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。