スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館競馬場の日曜1R


先週の日曜日は、出資馬ピュアウィッシーズの応援のため、函館競馬場に行ってきました。
朝方は曇りだったので、涼しいというよりは肌寒いのです。みなさん半袖着て元気だなあと思いつつ、お金を払わず堂々と入場です(フリーパスの日)。少し早く到着。ピュア嬢の出走レースは第2Rで、まだ時間に余裕がある。ふと1Rのパドックに目を向けるとそこいたのは...

ピコット160619




おお!
ピコットさんではありませんか!
私の馬友であるpicotさんが、その運命的ともいえる馬名から、真剣にライオンレースホースへの入会を考えたとか、考えていないとか。
そのピコットさん、函館では昨年も走っておりまして......ああ、馬のほうのピコットさんですよ。2着に入ったこともある相性の良いコースなのかも。『これも何かの縁。応援しなければ』と、馬券を購入。
ピコット160619-02
単勝は13頭立て13番人気。戦績を見ると、そこまで人気が落ちるほどでもなく見えるんですけどね。
結果は残念ながら9着でした...今日は未勝利レベルでは強い相手が揃っていたので、次走は確勝...とまではいきませんが、激走の可能性ありですね。そして現役生活を長く続けて、picotさんのネタ馬縁の馬になって欲しいと心から願います。

3連複も裏馬券で購入していましたが、1R~3R全てハズレ。このまま負け続ければ酷い精神状態で帰宅するはめになるので、午前中で早々に切り上げ、函館SSは自宅でTV観戦しましたとさ。もちろん、1着馬が抜けて外してますよ(笑)。
スポンサーサイト

【漢】 藤田伸二を観戦

今日は天気もよく絶好の競馬観戦日和。そこで、東京競馬場へ出向き・・・って昨日も同じフレーズ・・・でも、今日はお馬さんではなくある騎手が目的なのです。以前は美浦所属か?とおもわれるくらい関東に乗りに来ていましたが、いまじゃあめっきり来てくれませんからね。

4R サトノファンタス 鹿戸厩舎 7着
150503_Fujita01.jpg
今日はサトノ馬に3頭騎乗しました。里見オーナー、クラウンに乗せてください!
絶縁状態の堀厩舎じゃ無理か(笑)

5R ワンラヴワンハート 牧浦厩舎 最下位・・・
150503_Fujita02.jpg
ば、馬券は3連複的中したので、まいっか。

11R スイートピーS テルメディカラカラ 石橋厩舎 4着
150503_Fujita03.jpg
元お手馬ジョリーダンスの仔で、オーナーも同じく俳優の小林薫氏。 馬券も対抗の印をつけ大いに期待していましたが、追い込み届かず惜しくも4着。石橋守先生、今後も乗せてくださいね!

過去記事で匂わす発言をしていましたが、そう、私は藤田伸二が好き。好き嫌いがはっきり分かれるタイプ、というより嫌いな方・興味ない方のほうが多いでしょうね。一般の競馬ファンが藤田騎手に持っているイメージを一言で言うと「ヤンチャ」になるのでしょうか。確かに、藤田と言えば刺青、金髪、ピアス、パチンコ、JRA批判、暴行事件、恫喝逃げ、ヤンチャ水、かつ丼、源氏パイetc・・良くないイメージが多く、現実に調教師やオーナーと衝突、絶縁を繰り返し、今やクラシックその他大舞台を狙えるような馬に騎乗することは無くなってしまいました。これは敏腕エージェントの植木さんが亡くなったことも大きく影響していますが、元はと言えば自分の蒔いた種が原因なので、本人にはもっと大人になってくれよーと思ったりますが、もう手遅れでしょうね(笑)

結果は出ませんでしたが、今日は里見さんの馬に複数騎乗できましたし、パチンコ繋がりで良い馬が廻ってくることを期待しています。一ファンとして、引退する前にもう一花咲かせてほしいですけどね~。

青葉賞観戦

今日は天気もよく絶好の競馬観戦日和。そこで、東京競馬場へ出向き、青葉賞を観戦してきました。

ブラックバゴ
(父バゴ) 牡1,800万円 斎藤厩舎
s-150502_11R_01.jpg

タンタアレグリア
(父ゼンノロブロイ) 牡3,000万円 国枝厩舎
s-150502_11R_03.jpg

レッドライジェル
(父ディープインパクト) 牡6,000万円 藤澤厩舎
s-150502_11R_04.jpg

レーヴミストラル
(父キングカメハメハ) 牡10,000万円 松田博厩舎
s-150502_11R_08.jpg

撮影が下手で、諸先輩方の頭ばかり映ってお見苦しく?て大変申し訳ございません。
またもや、サンデーRの高額キンカメ産駒が勝利しました。レーヴは本家お馴染みのレーヴドスカー産駒。素晴らしい繁殖成績ですが、同時に脚元の弱さも伝えてしまい、長きに渡り活躍した馬がいませんが、本馬はどうなるでしょうか?馬体は走るキンカメらしいスラッとした馬体で普通に良い馬だとおもいますが、特別抜けているとは思いませんでした。
一方、シルクのブラックバゴは大型の黒鹿毛の馬体のせいもありますが、私には1番良く見えました。今日はレースの流れにうまく乗れませんでしたね。賞金上乗せできず、ダービー出走は難しいでしょう、残念。
レッドライジェルは-6Kgの馬体重が示す通り、少し寂しく映りました。その影響なのか展開のせいなのか、今日は中山ほどの脚は使えませんでした。タンタアレグリアは良くわからない南米血統ですが、長距離が良さそうな体型をしていましたよ。

なお、馬券の結果は、1着○レーヴ 2着◎タンタ 3着 無 で見事に3連複ハズレ。「狙いはいいけど当たらない」と私が狙っている理想通りの結果となりシメシメです(笑)たまには当たってくれないと困るのですがね・・・

久しぶりの東京競馬場

フェブラリーS観戦のため、午後から東京競馬場に行ってきました。

9RのヒヤシンスSには、シルク募集馬が2頭出走していたので、パドックで確認してきました。
DSC_0008.jpg
☆プレシャスルージュ 
(父キングカメハメハ) 牡4,000万円 音無

DSC_0003.jpg
☆ワンダフルラスター
(父Tiz Wonderful) 牡3,000万円 音無

2頭とも残念な結果でしたね。人気もそこそこだったので応援馬券を買いましたが、駄目でした。。

DSC_0009.jpg

勝馬のゴールデンバローズ(父Tapit )。北米No.1種牡馬のタピット産駒ですか。この馬強いですね。春は芝路線に戻すのかな?今年の堀厩舎の牡馬は豊作ですね。ウィズレヴェランスもその一翼を担うはずったのになぁ。。。

DSC_0015.jpg

東京最終の金蹄S(D2100m)にもシルクのヴォルケンクランツが出走していましたが、こちらも残念な結果(9着)に。

今日のシルク応援馬券は不発でしたが、小倉大賞典とフェブラリーSの馬券は的中したため、プラスでの帰路となりました。今開催の東京では出資馬の出走がなく若干の寂しさがありましたので、春開催ではバリバリ走る姿を見たいものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。