スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ピュアちゃん】次走の優先権利はとったけど...


<今週の結果>

chibi-silk-earnest.jpgピュアウィッシーズ(♀3歳未勝利)
8/7札幌4R3歳未勝利[芝1,200m]
馬体重:412kg(-2kg)
8番人気 結果:5着

三浦騎手「スタートは問題なく出てくれましたが、トモが嵌ってくるまで時間のかかるタイプですし、前回の競馬の内容から無理に押しては行きませんでした。道中は少しハミを噛んでいましたが、馬群で我慢してくれましたし、最後はいい伸びを見せてくれました。最後は内を突きましたが、怯むことはなく気持ちも切らさずに最後までしっかり走ってくれましたし、やっぱり今日のように終いを活かす競馬の方が良さそうです。展開が嵌るのを待つ形にはなりますが、突き抜けるだけの脚はあると思います。最低限の次走優先権は取れましたのであとは体が減らなけれればいいですね

松永幹調教師「滞在競馬でも体が増えないのは課題ですが、今回ぐらいなら許容範囲だと思います。じっくり脚を溜めて行けば終いは確実に脚を使ってくれますから、あとは差しが利く展開になってくれれば十分チャンスはあると思っています。レース後の状態に変わりがないようであれば、中1週で向かうつもりで調整していきます」

chibi-red-davis.jpgレッドラウダ(♂3歳1000万下)
8/7新潟10R驀進特別[芝1000]
馬体重:506kg(±0kg)
5番人気 結果:2着

石川騎手「内枠だったので、最初から良い位置を取りに行って、最後までしっかり走ってくれましたが、抜け出したところで、フワッとして気を抜いてしまいました。この距離は合っていると思うので、もう少し抑えたまま我慢していた方が良かったかもしれませんね。外枠なら相手を見ながらレースもできますし、内枠の分が最後に出てしまった感じで悔しいですね」


ピュアウィッシーズは舐められた8番人気でしたが、何とか5着を拾った感じのレースでした。直線の短い札幌で全頭ぶっこぬく姿はあまりイメージできませんが、プルダモちゃんの好例がありますので、最後まで未勝利脱出を諦めず応援します。
しかし、馬体重が増えてこないんで強い調教で追い込めないのが厳しいですね。距離も1200よりもう少し追走に余裕ができる1500のほうが良さそうに思えるのですが、今更距離は変えられないでしょうね。松永先生、またも中1週で次走検討ですか。次が最後のレースになる可能性もあるし、中3週とったほうが良さそうな感じがします…

レッドラウダは、巷で言われていたとおり、新潟直千で好走。好走というよりは順当に実力どおり走ったという感じですけどね。1000万条件を勝てるメドは完全に立ちましたが、ここまで使い込んできましたし、秋の新潟開催まで休養でいいんじゃないかとおもいます(同じ条件のレースが組まれているかわかりませんが…)

今週は1着、2着、5着と全て掲示板確保。私の出資馬としてはこれ以上ない結果です。来週の反動が怖い(笑)

※情報については、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております
スポンサーサイト

みんな距離短いって気付いていますが、あの御方が...


では、あらためて。

レース結果
chibi-silk-earnest.jpgウォリアーズクロス
7/24(日)函館6R 500万下(混)[D1,000m・12頭]3着[1人気]

押して好位に付け、道中は5番手を追走、3・4コーナー中間あたりから差を詰めに掛かり、直線では外から前を窺いましたが、先に抜け出した勝ち馬との差は大きく、2着馬の直後に迫ったところでゴールしています。

柴山騎手「前走と同じ条件ですしもっと慣れも見込めるかと思っていたのですが、ずっと促しながらの追走になってしまいました。前走と同じような位置取りで競馬をできたのは良かったですが、脚を溜める場面がありませんでした。勝った馬は自分のペースで行っていたから仕方ないとしても、前にいた馬も交わせず、ダラダラとした感じで最後まで走り切ってしまいました。もう少し距離があった方が道中脚を溜めるところができて、最後もっといい脚を使えるようになるのかもしれません

<過去コメ>
2016/04/18
石川裕紀人騎手「前回1200m戦を使ったことで慣れが出て対応することは出来ましたが、本質的には1400mくらいが一番いいような印象です

何事もなくひっそりと柴山騎手に訂正されてましたね。
そうなんです。ウォリアーズクロスにはD1000mは忙しすぎるんです。
確かに出走メンバーのレベルは低くて、さすがはリーディング上位トレーナー、番組選びのセンスを少しだけ感じまして、結果のほうも2着、3着とまずまずの成績は残せましたが、勝ち切ることができなかったのも事実ですからね。無駄な2戦と思わずに、スプリント戦を2度使って、得られた前向きさや先行力をいかして、ベストな距離で次は結果を残して欲しいとおもいます。


もう一度いいます。8/20石狩特別(札幌芝1500m)使いましょう、センセ♪

国枝栄20160325s-s-
(この写真、使うの何回目だ笑)

しばらく函館にて調整後、天栄に放牧に出して、次は中山D1200が目標っぽい気がしますけどね…

困ったときの名伯楽ネタでした♫

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております

気のせいでした


いけそうな気がしたんですけどね。どうやら気のせいだったみたいです...

<今週の出走予定馬>

chibi-silk-justice.jpgウォリアーズクロス(♂3歳500万下)
7/24函館6R500万下[D1,000m]
馬体重:528kg(+2kg)
1番人気 結果:3着
戸崎騎手「前走より慣れも見込めるかと思っていたのですが、追走するのに苦労してしまいましたね。脚が溜まるところがなく、最後までダラッとした走りになってしまいました」
ウォリアーズクロス20160724

騎乗は柴山騎手だったはずですが、シルク公式Face Bookのコメントには戸崎騎手となっていました。レースも何もかもグダグダな状態です(笑)。
前走の好走で本質を忘れかけておりましたが、この距離ではより適正の高い馬にどうしても負けてしまいますね。函館でなんとか昇級したかったのですが、やっぱり1000mは短いですよ、国枝センセ♪権利もあるし、次はお試しで札幌芝1500m使いましょう。きっとやってくれます。

chibi-red-davis.jpgレッドリーガル(♂4歳500万下)
7/24中京12R3歳500万下[芝1,400m]
馬体重:480kg(+2kg)
4番人気 結果:4着
ルメール騎手「今日はすごく集中していました。レース前、笹田調教師から指示はありませんでしたが、前に馬を置いた方が真面目に走ると思っていたので、馬のリズムに合わせて追走しました。行きっぷりが良くて、直線もいい脚を使っているのですが、前半に馬場が荒れているコースを走ってしまった分でしょうね。最後は伸びきれませんでした。この距離はピッタリだと思います

笹田調教師「枠順が外だったら結果も違っていたかもしれませんね。暑い中京で2回使いましたし、小倉は1400mがないので、ここで休養に出そうと考えています」


なんとももどかしい...中京芝は完全な外差し天国でしたから、外枠でスムーズなら2着はありましたね。まあ、内枠の馬が上位にきてるので負け犬の遠吠えですが...
最後の直線でもきちんと脚も使っていますし、どうやらもう心配しなくてよさそう。ダートに拘って少し遠回りをしましたけど、今後は安心してみていられそうです。
どうやら休養みたいですが、過去2回の休養は順調にいかず半年以上の休みとなっていますので、今回は無事に戻ってきてほしいとおもいます。

まあ、惨敗がなかったので精神的には良い週末を過ごせました(笑)

※情報については、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

レッドラウダ ファルコンSみたいなレース結果に


今週は(も)イマイチな結果でした。もちろん、先ほどまで不貞寝に突入してましたよ。

<今週の結果>

chibi-silk-justice.jpgプルーヴダモール(♀4歳500万下)
7/17福島4R障害未勝利[障2,770m]森騎手
馬体重:424kg(+2kg)
7番人気 結果:6着
森一騎手「プラス体重で臨めたのは良かったですし、精神的にも今日は余裕がありました。最後はさすがに脚が上がってしまいましたが、内容的にはこれまでで一番良かったと思います」

chibi-red-davis.jpgレッドラウダ(♂3歳1000万下)
7/17中京12RフィリピンT[1,200m]松若騎手
馬体重:506kg(+4kg)
4番人気 結果:8着
松若騎手「ゲートは出てくれましたが、何頭か逃げを主張している馬がいたので、無理に出して行かず進めました。折り合い面でもしっかりコンタクトを取れるようになっていますし、脚は溜める事ができました。良い形で直線まで我慢できたのですが、追ってからはボコボコした馬場に脚を取られてしまい、伸びあぐねてしまいました。ファルコンSの時もそうでしたが、力があるもののキレイな馬場の方が能力を発揮できるのかも知れませんね

音無師「溜める競馬ができるようになってきましたが、今日は馬場のことを考えると外枠が欲しかったですね。権利は取れなかったですが、このまま厩舎に置いて中2週で新潟の驀進特別(芝直1000m)に向かいたいと思います」


今週は3頭出走予定でしたが、ストーミーストームが筋肉痛めて出走回避。問題なければ厩舎で様子見する、だったのですが、しがらきへ移動。未勝利戦もだんだん少なくなります。外国産馬ですから出走できるレースに初めから制限あるし、マジでやばくなってきましたね...
こんな流れの悪い状況を引きづり、2頭のレース結果もイマイチ。
プルーブダモールは積極的に先行していき、これまでのレースよりは見るべきものがあったとおもいます。元気で走ってくれるのはとても嬉しいことですが、精神的な成長が見られるとおもいますので、一度平地に戻してみてもいいのではないでしょうか...
ラウダについてはレース後に、「これ、ファルコンSじゃん」ってすぐに感じました。松若騎手とシンクロです。別に嬉しくはありません。放牧だと思っていましたが、続戦するようです。新潟直千はとっても合いそうで次走楽しみにしましょう。

※情報については、シルクホースクラブ、東京サラブレッドクラブから転載許可を得て掲載しております

ピュアウィッシーズ 勝負をかけたレースで大敗...


chibi-silk-earnest.jpgピュアウィッシーズ(♀3歳未勝利)
7/3函館2R3歳未勝利[芝1,200m]14着[4人気]
馬体重:416kg(+6kg)
4番人気 結果:14着

出遅れ気味のスタートとなり、道中は11番手あたりを追走、残り400m付近から追い出し、直線では外から前を窺いましたが、思うような伸びは見られず徐々に交わされてしまい、後方で流れ込んでいます。

藤岡佑騎手「前回よりもスタートが良かったので、3列目の外目と良い位置で運ぶことができたと思います。それなのに直線では早々に手応えがなくなってしまいました。なるべく馬場の良いところを選んで走らせたのですが、水分を含んだ馬場が思いのほか堪えたのかもしれません。また、前回とペースやコース取りなどそれほど変わりなく、違うと言えば今回は勝ちを意識して前半少し位置を取りにいったことぐらいだと思うのですが、それで結果にこれだけ差が出るのですから、気性的なことも考えると前回のように後ろからリラックスさせて走らせた方が良いのかもしれません

ピュアウッィシーズ20160702
前走よりも4コーナーでは良い位置にいて手応えも良さそうだったのですが、前走のような伸びがありませんでした。1着とは0.5秒差とそんなに離されてはいないのですが、勝てるチャンスだと思っていただけに、よもやの大惨敗でした...
要因は何でしょうね...重馬場か、前走-10kg後中1週の強行スケジュールの反動か、藤岡騎手の言っておられるように、追い込み競馬に徹ししきれなかったせいなのか...

函館開催はもう使えないでしょう。馬体重も思うように増えてきませんし、いよいよ追い込まちゃいましたね。なんとか順調に進めて、札幌の1200か1500でワンチャン掴んでほしいと思います。

※情報については、シルクホースクラブから転載許可を得て掲載しております
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。